マギアレコードのあるきかた

魔法少女まどか☆マギカ外伝 マギアレコード、通称マギレコの非公式攻略ブログです。公式Twitterの呟きを集めたり、高難易度ステージの情報を記載したりしています。コメント大歓迎!

ブログの設定を調整中なので、表示が崩れる事があるかもしれません。

【マギレコ】百禍チャレンジクエスト攻略【Bittersweet AI Memory】

前提として、MPを溜めてマギア・ドッペルで戦う編成を想定しています。
そのため、どこのWAVEはMP溜めに向くか、どこのWAVEはさっさと突破したほうが良いかに重点が置かれています。

百禍チャレンジ全般の攻略記事も書いたので、良かったらそちらもどうぞ。

www.magireco-walk.com

今回は百禍2もWAVEが5しかなく、難易度が抑え目な感じですね。

Bittersweet AI Memory

百禍チャレンジクエスト1

全体的な対策

百禍1は難易度が抑えられているため、回復をキチンと持ち込んでおけば苦戦はしないでしょう。
HPも1人1人は低めなため、全体ドッペルで倒せない敵はいないと思います。

危険なWAVEを挙げるとすればWAVE1でしょうか。
火属性で攻撃力の高いらんかと樹里がいるため、木属性は結構ダメージを貰います。
以降のWAVEにおいて木属性だけが有利な局面も無いため、木属性よりも水属性を中心にパーティを組むと良いでしょう。

他に気を付けるべき点としては、WAVE3において光属性のまさらが必ず回避持ちです。
回避対策が必須……というわけでもなく、マギアは回避できないので、適当にマギアかドッペルを打っておけば倒せます。
マギアを狙わないパーティで挑む場合は、状態異常か回避無効メモリアで対処しましょう。
まさらのHPは今回の百禍1の中では高いほうなので、マギアを狙わないならば回避対策は多めに持っていきましょう。

工夫らしい工夫も無いですが、回復ができる魔法少女3人の編成でAUTOクリアできました。

f:id:papuwak:20210217132223p:plain

AUTOはあまりMP溜めに躍起にならなずマギアの使い方も下手なので、やはり回避持ちのまさらが鬼門のようでした。
まあ、人の手で操作するならばまさらまで単体マギア温存なども出来るため、苦戦はしないでしょう。

編成を考えるのが面倒だったので3人編成にしましたが、5人編成のほうがアクセルコンボ時のMP獲得がしやすくなるので、5人編成にすることをお勧めします。
梨花とか入れると良いかも。

百禍チャレンジクエスト2

各WAVEごとの対策

WAVE1
鹿目まどか単騎。
毎ターンMP9回復もあり、MPの溜まりが速いため4T目にはマギアを使用してきます。
ただ、HPは24万程度しかないため、闇属性の攻撃が混じれば4T以内に撃破は難しくないでしょう。
まどかは攻撃力が低いため、キチンと回復が出来るならばマギアを受けるのも問題ありません。
まあ、次のWAVEは結構耐久が楽なので、ここはさっさと突破してしまいましょう。

WAVE2
美雨、ゆま、ラピヌの3人編成。

一番厄介なのがラピヌで、2ターンごとに「味方全体の攻撃力UP(3T)&MPダメージ(20)」を使用してきます。
耐久しつつMPを溜める難易度が上がるため、最初にラピヌを倒してしまいましょう。

HPは高く無いので、ターゲットをラピヌに固定しておけばすぐに倒せます。
単体マギアも有効ですが、最初の3Tはマギアダメージカットがあるため、一撃破難しいと思います。

WAVE3
フェリシア単騎。
3Tマギアダメージカットがあります。

2ターンごとに単体に拘束&スキル不可&自身に自動回復(無限ターン)付与と、フェリシアらしからぬ行動をしてきます。
それほど厄介な行動はありませんが、自動回復が付与され続けるので、そこそこMPが溜まったら突破してしまいましょう。

WAVE4
鈴音とはやての謎コンビ。
2ターンごとに鈴音は全体にやけど&確率でクリティカル、はやては全体に攻撃力DOWN&防御力DOWN&自身にMP回復(18)を使用します。

被ダメージの量は鈴音のクリティカルにより左右されます。
まずは鈴音を狙って攻撃しつつ、はやてのMPが100になりそうになった段階でマギアかドッペルで倒してしまうのが良いでしょう。
一応はやての火力は高く無いので、マギアを耐えることも可能です。

WAVE5
月出里、バレなぎ、やちみふの子供組。
理子とかも入れればいいのに。

月出里はマギアダメージカット3Tのほか、アビリティでもダメージカットを持っているため非常に硬いです。
MP溜めも速いため、マギアダメージカットが切れた4ターン目に全体ドッペルで倒したいところ。

全員耐久力が高めなため、全体ドッペルで火力が低い場合は2発は必要です。
まあ、道中が余りきつくないため、2発持ち込むのにそれほど手間はかからないでしょう。


問題はやちみふで、自身に確率でクリティカルと確率で防御無視をしたうえで攻撃してきます。
防御力が高い魔法少女でも単発で一万以上食らい、Blastも多用してくるためやちみふが動くだけで全体ドッペル持ちがやられかねません。
やちみふだけで百禍2の難易度を上げてます。
やちみふ以外の2人は火力が低いので、ドッペルを撃つまでの3ターンの間は攻撃力を低下させたり、ダメージカットを貼ったり、挑発でアタッカーに攻撃が向かないようにするなど、やちみふからの被害を減らしましょう。
このWAVEには火属性がいないので、全体ドッペル持ちを木属性にするのもアリですね。

全体的な対策

WAVE5のやちみふ対策を第一に考えましょう。
他に厄介なのはWAVE2のラピヌくらいです。

対策とは言ってもやちみふはマギアダメージカットを持っていないため、WAVE5突入と同時に単体ドッペルで倒すことをお勧めします。
あとは残った2人を煮るなり焼くなりするだけです。
というわけで、WAVE5向けに火属性以外のドッペルが1つ必要です。

百禍1と同じ編成で手動操作すればクリアできます。

f:id:papuwak:20210217132223p:plain

コツとしてはひたすらMP溜めに注力することと、できるだけコネクトが出来る状況を保つことです。
この編成の場合全員がコネクトに回復を持つため、大ダメージを負っても復帰しやすくなります。
また、いろは以外のどちらかが倒れた場合は、いろはのマギアで蘇生が可能です。

ただ、ディスク運によっては40ターン以内のクリアができないので、真里愛を全体ドッペル持ちに変えるなど、もう少し火力を高めた構成のほうが良いと思います。

百禍1と同じく、こちらも5人編成にしたほうが良いでしょう。

百禍チャレンジクエスト3

各WAVEごとの対策

WAVE1

巴マミ(木・HP26万)と梢麻友(水・HP25.5万)のコンビ。
マミが2ターンごとに必ず火傷&確率で防御無視(3T継続)を発動します。
麻友は2ターンごとに状態異常耐性UPとMP自動回復を味方全体に付与します。

脅威となるのは防御無視で大ダメージを与えてくるマミのほうなので、まずはマミをターゲットにして戦いましょう。
麻友も麻友でMPがガンガン溜まっていくため、マミを倒し終わったらコネクトやマギアを駆使し、麻友がマギアを使う前に倒すことを目指しましょう。

麻友は属性強化マギアなので、火属性は耐えられない可能性が高いです。

WAVE2
ひみか(火)単騎。
HPは28万と前WAVEと大差ありません。

3ターンごとに防御力UP(3T)&サヴァイヴ(1T)を使用します。
MPの溜まり具合にもよりますが、4T目にはマギアも使用してきます。
マギアのダメージは全体に1万程度と耐えられないことはありませんが、マギアに合わせてできればデバフを撃っておきたいところ。
こちらが攻撃を当てるたびに4MP獲得されることに注意してください。

全体的に火力は低めなので、耐久向きのWAVEですね。

WAVE3
ヴァンパイア十七夜(闇・HP22万)とシスターももこ(光・HP27万)のハロウィンコンビ。
危険WAVE
2人とも火力がかなり高くて危険です。
ディフェンスタイプでさえ集中攻撃を食らえば倒れかねません。

十七夜は3ターンごとに「味方全体に光属性ダメージカット(1T)&HP自動回復(1T)&デバフ無効1回(3T)」と自身の攻撃力UP(2T)を発動します。
ももこは4ターンごと(3ターンごとかも?)に「味方全体に闇属性ダメージカット&Blastダメージカット&攻撃力UP」を付与します。
ただでさえ高い攻撃力がさらに強化されるうえ、自身が苦手な属性のダメージカットが貼られることになります。

開幕はダメージカットがなく、逆に3ターン目以降に耐性を持つことになるため、出来るだけ早く決着をつけるべきです。
HPは2人とも30万を下回るため、火力を高めた全体ドッペルならばワンパン出来るでしょう。
できればももこに効きやすい闇属性が良いかもしれませんね。

WAVE4
みふゆ(闇・HP29.5万)単騎。
HPは29.5万。
危険WAVE

火力は前WAVEより少し下がるものの、高いものは高いです。
2ターンごとに必ず回避&敵全体に確率で幻惑を付与してくるため、光属性が多い場合は特に注意が必要です。
さらに毎ターンMP自動回復(20)があります。

マギアのダメージも当然高く、デバフなしでは耐えきれません。
さらにディスク構成もMPが溜めやすいので、3,4ターン目にはマギアを使用してきます。
ダメージカットはしてこないので、マギアを撃たれる前に単体マギアかドッペルで倒しましょう。

WAVE5
静香(火・HP31万)、みかげ(闇・HP29万)、令(火・HP28.5万)の3人。
危険WAVE。
危険WAVEしかねぇ。

令のみマギアダメージカット3Tがあります。
HPは全員30万前後と徐々に高くなってますね。

毎ターン全員がそれぞれ以下のスキルを発動します。

  • 静香
    • 味方全体の攻撃力UP&敵全体の状態強化解除
      • 状態強化には自動回復やダメージカットが含まれます
      • 攻撃力UPや防御力UPはバフなので、解除されません
  • みかげ
    • 味方全体に攻撃力UP&ダメージUP
    • 自身に攻撃力UP&マギアダメージUP

あまりにも火力が高くてさっさと突破してしまったので、他のスキルも使用するかもしれません。
また、令は自身のみのバフなので、令が攻撃しないターンは発動しません。

特にみかげのスキルの火力UPが高すぎるので、耐久するにしても素早く突破するにしても、まずはみかげを倒さないといけません。
みかげさえ倒せばある程度耐えられる火力になるので、開幕で光属性の全体ドッペルを撃ちこむか、任意の属性の単体ドッペルでみかげを葬りましょう。
このWAVEはさっさと抜けたいので、光属性の全体ドッペルがおススメですね。
スキルメモリアで火力を上げれば、光以外でも倒しきれるかもしれません。

WAVE6
かのこ(闇)とエリザ(火)のコンビ。
かのこのHPは30万ある一方、エリザは22.5万しかありません。
ただ、エリザにはダメージカット・挑発・カウンターがあるため、実際の耐久力はかのこよりも上でしょう。

エリザの挑発カウンターこそ脅威なものの、攻撃力は前WAVEまでの半分以下でダメージ量的にはかなり安全です。
MP溜めの速度も遅いため、最終WAVEに向けてMP溜めをしたいところ。

耐久する際はかのこをターゲットにして攻撃すると良いでしょう。
挑発によりかのことエリザに良い具合にダメージがバラけるため、どちらかのMPが極端に溜まることがなくなり、マギア発動をされにくくできます。

WAVE7
鶴乃・フェリシア宅配ver.(火・HP31万)とれいら(火・HP22万)とウワサのさな(水・HP24万)の3ユニット。
鶴フェリとれいらにはマギアダメージカット3Tがかかっています。

3ターンごとに、鶴フェリが「味方全体に火属性攻撃力UP(3T)&攻撃力UP(3T)」を、れいらが「味方全体に確率でスキルクイック&デバフ解除&HP自動回復」を、ウワサのさなが「敵全体に攻撃力DOWN&単体にスタン」を使用します。

鶴フェリの火力UPが厄介なものの、他の2人は素の火力が低く、そもそもウワサのさなは火属性ではないため火力UPの恩恵をフルで受けることはできません。
そのため、鶴フェリさえ倒してしまえば脅威は一切なくなります。
歴代百禍3最終WAVE最弱レベルかも。

選択肢としては2つで、マギアダメージカットを承知で無理矢理単体ドッペルで鶴フェリを倒すのと、火力が上がる3ターン目をダメージカットなどのバフで耐え、4ターン目に勝負を決めることです。
HPは31万と、EXチャレンジと比較して低めなので、コネクトを駆使して大ダメージを与えるのも視野に入ります。
マギアダメージカットの上からでも意外とダメ―ジは入るため、1ターン目に倒してしまうのをお勧めします。

全体的な対策

WAVE3~5をどう乗り切るかがカギになります。
まずWAVE3はHPが低めなため、全体ドッペル、出来れば闇でのワンパンを推奨します。
WAVE4のみふゆは多少耐久する隙はあるものの、あまり時間はかけたくないのでHPの減り具合を確認しつつ、単体マギアかドッペルで突破。
WAVE5はみかげがとにかく危険なので、光属性の全体ドッペルで1ターン目に吹き飛ばす。

ということで、WAVE3用の闇属性全体ドッペル、WAVE4用の単体ドッペル、WAVE5用の光属性全体ドッペルがあると楽になると思います。
倒せなかったら即敗北というわけでも無いため、これ以外の属性でも問題ありません。
残りの2人で回復や防御を行うか、その3人が回復と防御を兼ねられるとグッドです。

木属性がWAVE1のマミしかおらず、火属性の魔法少女が多めなため、水属性を中心にすると少し楽かもしれません。
が、星3以下にはマギアが得意な水属性があまりいないため、無理して水属性で固める必要はありません。
レナや麻友やアオがいれば、積極的に活用していきたいですね。

まとめ 百禍3の猛攻撃に注意

全制覇できるかは、百禍3のWAVE3~WAVE5が突破出来るかどうかにかかってますね。

百禍1と2は難易度が低めなので、その2つだけでも挑戦することをお勧めします。
編成考えるのが面倒だったので3人編成を紹介しましたが、梨花ともう一人くらい追加してMP溜めの効率を上げたほうが良いと思います。

もっと……もっと高難易度をくれ……

このブログに記載されているマギアレコードのゲーム内画像は©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partnersに帰属します。