マギアレコードのあるきかた

魔法少女まどか☆マギカ外伝 マギアレコード、通称マギレコの非公式攻略ブログです。公式Twitterの呟きを集めたり、高難易度ステージの情報を記載したりしています。特にキモチ戦とEXチャレンジクエストに力を入れています。コメント大歓迎!

【マギレコ】悦ぶサファイアの唇で初期レア度☆3以下のみで最高報酬を目指せる編成【キモチ戦 悦ぶサファイアの唇】

ひたすら楽してサファイア戦!

初期レア度☆3以下のみで悦ぶサファイアの唇

前提の話が長いので、とりあえず報酬貰えればいいや!という場合は「編成」まで飛んでください。

前提

最高報酬に必要な得点について

結論から言いますと、1戦あたり706万ダメージ出すことができれば、最高報酬を得ることができます。
詳しく見ていきましょう。

まず、ここで目指す最高報酬とは、デイリーダメージS2、グレードS3で貰える報酬のことを指します。
ついでに所属グループSも目指します。

デイリーダメージはその名の通り1日で与えたダメージの合計で、言い換えると3戦で与えたダメージの合計ということになります。
f:id:papuwak:20210326214747j:plain 上記の画像の通り、S2に到達するには1日に20,000,000ダメージを与える必要があるので、1戦あたり6,666,666...ダメージが必要となります。

グレードS3は、デイリーダメージと異なり1日だけでなく、前日までの分も含みます。
f:id:papuwak:20210326214753j:plain 上記の画像の通り、グレードS3を目指すだけならば、5日間で4,000,000GP稼げば良いことになります。
しかし、グループSに所属するためには前半戦のうちにグレードSになっている必要があり、すなわち2日間で2,500,000GP稼ぐ必要があります。
1日3戦なので、2日で6戦、つまりグループSに所属するためには1戦あたり416,666...GPを稼がなければなりません。

つまり、1戦あたり目指すべきところは、約670万ダメージ約42万GPということになります。
これを達成できれば、最高報酬を目指せる編成ということになります。
ということで、この記事では初期レア度☆3以下の魔法少女を使って、その得点に到達できる編成を紹介します。


さらに、キモチ戦でのダメージとGPの関係は、GP=ダメージ×0.01×ボスLvボーナス×バトル評価ボーナスという式で表せます。
ボスLvボーナスは1.7で固定、バトル評価ボーナスは5人編成でスキルやコネクトをある程度使えれば3.5になります。
そこで42万GPに必要なダメージを計算してみると、42万=ダメージ×0.01×1.7×3.5から導けますから、約706万ダメージ必要だということがわかります。
今回使用する編成も5人編成なので、1戦あたり706万ダメージが出せているかを基準に考えていきましょう。

悦ぶサファイアの唇の行動パターンと耐性

サファイアの唇は、1ターン目に以下の効果を持つマギアを使用します。

  • 自身に虚弱(状態異常の種類ごとに被ダメージ増加)付与
  • 自身に敵状態異常時ダメージUP付与

また、2の倍数ターンには「確率で毒」、4の倍数ターンには「確率で幻惑」を付与してきます。
(つまり4ターン目は毒と幻惑両方)

サファイアの状態異常耐性は、「魅了・スタン・拘束・マギア不可無効」です。
つまり行動不能系とマギア不可が効かないということですね。


状態異常が増えるごとにダメージが増える虚弱についてですが、ぶっちゃけ恩恵が感じられません
アクアマリンなんかのBlast被ダメージUPなどより恐ろしく恩恵が無いので、バグなんじゃないかと疑うレベルです。

目に見える差が無いので、ランキング最上位を目指す場合以外は気にしなくて良いでしょう。
この記事でもあまり気にしないことにします。

初期レア度☆3以下の編成ルール

文字通り、初期レア度☆3以下の魔法少女とメモリアのみで最高報酬を目指します。
文字通り以外では、以下の制限も設けています。

  • 恒常ガチャ(通常のレアガチャ)またはノーマルガチャから排出されるものを使用可能
  • イベント配布は使用不可能
  • ミラーズコインショップやマギアチップショップで入手可能なものも使用可能

となっています。
要は、今すぐに入手しようと思ったら入手できるものだけで編成する形ですね。


精神強化に関しては、縛りは設けていません。
精神強化のマギアダメージUP系抜きだと流石に厳しいんですよ……

編成

編成とメモリア

f:id:papuwak:20210517204546p:plainf:id:papuwak:20210517204549p:plain

陣形は「グランディール・ストライク」
陣形は「ヴァルト・パラディーゾ」にし、中央にかえでを置いたほうが火力が出ます(マギアチップショップで買えます)。 メモリアの名称と効果は以下の通り。
キモチ戦に関係ない部分は省いています。

装備者 名前 効果
かえで きっと喜んでくれるよね 攻撃力UP[VIII](自/1T)
Splash party! ダメージアップ状態[VIII](自/1T)
未来の三ツ星シェフ ダメージアップ状態[III]
頼れるマミ先輩! 与えるダメージUP[III]
梨花 おしゃれ全開! 自分のDiscドロー
ハコの魔女の手下 攻撃力DOWN[IV](敵単/1T)
かこ 本の住人 Acceleドロー
雨上がりの帰り道<れいら> 必ず暗闇(敵単/1T)
めぐる まもなく開催!ご注目あれ! 再度Discを引く
道はまだ遠く!~放送部劇場~ マギアダメージUP[I](味全/1T)
眞尾家は今日もにぎやか 防御力UP[IV]&状態異常耐性UP[III]
今は二人で見守って 瀕死時防御力UP[III]&防御力UP[II]
メル Splash party! ダメージアップ状態[VIII](自/1T)
PPPH!コールは完璧! 防御力DOWN[VIII](敵全/1T)
乙女のひそかな嗜み 攻撃力UP[IV]
弱き者は挫かれて 攻撃力UP[III]

上位互換などは後で紹介します。
アタッカーはかえでとメルで、他の3人はサポート役となります。
続いて立ち回りも紹介していきましょう。

立ち回りとその意味

かえでとメルのドッペルが必須なので、出来る限りその2人のMPが溜まるように立ち回ります。

  • 1ターン目
    • 梨花のスキルメモリアを2つとも使用
    • 梨花のピュエラアクセルコンボ
  • 2ターン目
    • めぐるの潜在スキルを使用(可能ならば)
    • かこの潜在スキルを使用(任意・他のターンでも可)
    • かこの「本の住人」を使用
    • アクセルディスクのみになるので、以下の優先順位でディスク選択
      • 梨花のディスクがあればかえでにコネクト
      • かえでのディスクがあれば全て選ぶ
      • 残りはメル、かこ、めぐるの順で選ぶ
  • 3ターン目以降
    • かえでとメルのMPが150溜まり次第全スキル使用&メル→かえでの順でドッペル使用
      • かこのドッペルも発動可能ならメル→かこ→かえでの順に撃つと良い
    • かえでとメルのMPが150まで溜まるようにディスクを選ぶ
      • コネクトは残す必要がないので積極的に使用
      • アクセルコンボできるならば積極的に発動
      • Acceleが少ない場合、メルの潜在スキルや「まもなく開催~」を使用

まず1、2ターン目の動きですが、ここで確実に全員のMPを40稼ぎます。
さらに梨花のコネクトも高確率で発動可能であり、梨花のコネクトにはAccele MPUPがあるので、MP獲得を加速できます。
梨花は火属性で耐久力も低いので、守り切ることはハードルが高めなので、最初の2ターンで速攻でMPバラマキを達成してもらうことになります。
むしろ早々に退場してしまった場合のほうがディスク事故が起こりにくくなるのがちょっと切ないところ……
ともかく、かえでとメルのドッペル使用時に使いたいスキルを梨花に持たせるのは避けましょう。

3ターン目以降はかえでとメルの2人のドッペル発動を目指します。
まあまあ運が絡むところではありますが、メルの潜在スキルと「まもなく開催~」でディスクの再度ドローが可能なので、安定感はそれなりでしょう。
ドッペルを撃つのは何ターン目でも良いので、めぐるが倒れないよう溜まり次第撃ってしまうと良いと思います。
めぐるのHPに心配がない状態ならば、かこのドッペルも溜まるのを待って、3人でドッペルを使うとさらに大きなダメージを叩き出せるでしょう。


今回のキーパーソンは「枇々木めぐる」です。
f:id:papuwak:20210517213308p:plainf:id:papuwak:20210517213255p:plain ギリギリ足りない火力を、専用メモリアの「味方全体にマギアダメージUP」で補ってくれます。
また、潜在スキルの防御力UPと状態異常耐性UPが3ターン続くので、状態異常にハマってかえでやメルが倒れる自体を減らしてくれます。
ただ、めぐる自身は火属性で相性が悪いので、アビリティメモリアで補う形になっています。
「眞尾家は今日もにぎやか」は防御力UP&状態異常耐性UPと汎用性も高いので、この機会にレベルを上げておくと良いでしょう。

実践動画と画像

f:id:papuwak:20210517220233p:plainf:id:papuwak:20210517220235p:plainf:id:papuwak:20210517220237p:plain

706万ダメージ叩き出せていることがわかると思います。
残りの2戦も同じ手順で行えば、デイリーダメージとグレードの両方で最高報酬が獲得可能です。
2戦目以降はMPに余裕が出てくるでしょうから、アレンジしてみても良いかもしれませんね。

さらなる大ダメージを目指すために

最高報酬自体は上記の手順で手に入ります。
ここからはさらにダメージを稼ぐ方法を紹介します。
といっても、メモリアを上位互換に変えていくだけでかなりダメージは伸びると思いますが。

まず、かえでのアビリティメモリアの効果はそれぞれ与えるダメージUPとダメージUP状態ですが、2つとも星2で倍率が[III]なので、これを超えるメモリアがあればすぐにダメージが上がります。
星4恒常の「やさしいは作れる」や「涼子とさくや:刹那の絶好」あたりは無凸でもこの倍率を越えられるため、もし持っていれば入れ替えましょう。
高倍率でも「攻撃力UP」はあまり推奨しません。
スキルの「きっと喜んでくれるよね」が高倍率の攻撃力UPですし、さらなる火力UPのためにメルのコネクトを利用することを考えると、バフの上限に届く可能性がある攻撃力UPの倍率は下げ、他のバフをかけたほうが無難です。
メルもより倍率が高いアビリティメモリアがあるので、そちらに入れ替えたほうが火力が出ます。


メモリアをより高倍率にすること以外に、既に少し触れてしまいましたが、コネクトを利用することも考えられます。
今回の編成の場合、メルとかえでのコネクトに攻撃力UPがあるため、ドッペル発動の直前に使えると効果的です。
特にかえでの火力が高いため、メルからかえでへのコネクトが理想的です。
実際に試してみたところ、100万くらいダメージが増えました。

f:id:papuwak:20210517222209p:plain

安定性の面から必ずコネクトできるとは限りませんが、可能ならば積極的に狙うと良いでしょう。


さらに稼ぐとなると、メモリアを良いものに変えていくほか、編成魔法少女を見直していくべきですね。
そうなってくると星4魔法少女が欲しくなってくるので、ここでは探求しないことにしましょう。

まとめ ドッペル2発をぶち当てろ!

優秀なメモリアが揃ってない限りはかえでの火力だけでは足りないので、他の木属性魔法少女のドッペルも活用すると良いでしょう。
陣形も変えるのを忘れずに!

めぐるを初めて活躍させられた気がする


↑クリックしていただけるとランキング上がって嬉しいです。

このブログに記載されているマギアレコードのゲーム内画像は©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partnersに帰属します。