マギアレコードのあるきかた

魔法少女まどか☆マギカ外伝 マギアレコード、通称マギレコの非公式攻略ブログです。公式Twitterの呟きを集めたり、高難易度ステージの情報を記載したりしています。コメント大歓迎!

【マギレコ】攻撃力低下ループ【戦術紹介】

相手の攻撃力またはダメージを低下させる効果を毎ターン付与し続け、被ダメージを軽減させることができます。
多くのクエストで有効ですし、有効でないクエストでも様子見として戦闘を長引かせることが可能です。
この記事で触れているメモリアは確保しておくことをオススメします。
まだ必要枚数分持っていない場合はメモリア限界突破はすぐにせず、取っておいた方がいいことを覚えておきましょう。

なお、スキルメモリアを多用する関係上ミラーズではほとんど活用できません。

攻撃力低下ループ

概要

ターンの短いスキルにより、相手に「攻撃力DOWN」または「与えるダメージDOWN」のデバフをかけ続ける戦術です。
DOWNの倍率が高い、DOWNの継続ターンが長い、DOWNが敵全体に有効、なスキルメモリアほど優先的に採用が可能です。

具体的にはスキルメモリア「頼れるネゴシエーター」と「雨上がりの帰り道〈みと〉」を合計6枚(または5枚)チームに装備させることで、この戦術は成り立ちます。

f:id:papuwak:20200903164102p:plainf:id:papuwak:20200903164139p:plain
©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

これらのメモリアはスキルターンが完凸時は5、そうでない場合は6であるため、未凸のものでも合計6枚あれば毎ターン使用できます。
ただし、同じメモリアを1人の魔法少女に装備させることはできないことに注意してください。
サポートがどちらかのメモリアを装備してることも多いので、足りない場合はサポートに頼ることも重要ですね。
ALL枠以外の魔法少女に付けている方が多い気がします。

装備したこれらのメモリアを1枚ずつ毎ターン使用することで、すべて使い切った頃には最初に発動したメモリアが再び使用可能となります。

f:id:papuwak:20200903164917p:plain
©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

次のターンには一番左の「頼れるネゴシエーター」が発動可能になります。
その後も同じようにスキルを発動させ続けられるため、何ターンでも相手の攻撃力を低下させられます。
ここに回復できるコネクトやマギアを組み合わせることで、耐久力が無茶苦茶高い編成を組むことができます。

これを用いることで、一部を除くクエストは安定して攻略できますし、EXチャレンジのような高難易度の相手とも渡り合えるようになりますよ!

欠点

相手にデバフをかける戦術なので、当然相手がデバフに耐性があると成り立ちません。
具体的には

  1. 毎ターンデバフ解除を使う
  2. スキル不可や行動不能系の状態異常を使用してくる
  3. デバフ無効を持っている

これらはデバフに耐性があると言えます。
一応それぞれの対応策はありまして、

  1. 毎ターンデバフ解除を使う
    • スキル不可や行動不能系状態異常でデバフ解除を封じる
  2. スキル不可や行動不能系の状態異常を使用してくる
    • 該当状態異常の対策をする
  3. デバフ無効を持っている
    • デバフ無効は大体回数制限があるので
      • デバフ持ちをたくさん連れ込む
      • デバフ無効を消費させきるまで耐える

各々対策は可能ですが、その分メモリア枠に余裕がなくなり、柔軟性が低下します。
こういった行動をとってくる相手には他の対策法も考えたほうが良いでしょう。


さらに順番にスキルを発動する手間があり耐久戦術となるため、時間がかかります。
AUTOで上手く回らないのも問題ですね。
マギレコはタスクキルをするとWAVEの初めから復帰してくれる場合が多いですけど、ある程度時間があるときに使用したい戦術ですね。


あと、優秀なメモリアの入手難易度がことごとく高めです。
全体デバフできるのが大体が星4かイベント入手ですし、単体かつ倍率が高いのもほとんどありません。
今後のイベントメモリアにも目を光らせていきたいところですね。
まあ「頼れるネゴシエーター」と「雨上がりの帰り道<みと>」レベルのものは今後出ないと思いますけども……

使用候補メモリア

「頼れるネゴシエーター」
敵全体の与えるダメージを50%程度低下できます。
状態異常耐性UPもありますが、戦術上人数が多いチームを組むことになるので、自身のみの状態異常耐性UPを活かすことは難しいでしょう。
難点は☆4メモリアゆえの入手難易度の高さ。
必要枚数が揃うまでは覚醒に使用しないほうが良いと思います。
期間限定メモリアではないので、普通のレアガチャやノーマルガチャからも出るのが救いです。

「雨上がりの帰り道〈みと〉」
敵全体の攻守を50%程度低下させます。
攻撃力低下系メモリアの中でも上記と並んでカードパワーが高く、調整ミスと疑いたくなるメモリアです。
「頼れるネゴシエーター」と異なり相手全体の防御力を下げられるため、攻防一体のスキルとなります。
こちらが多人数編成でも、敵全体への防御力DOWNは腐らないのがポイント高めですね。
このメモリアを最優先で使用することをオススメします。
ちなみにこちらも同じく普通のガチャから出てきます。

「一緒に食べよ」

f:id:papuwak:20200903171111p:plain
©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

「頼れるネゴシエーター」と比較すると倍率も低くターン数も長めですが、☆3で入手がしやすい・倍率もそこそこ高い・敵全体という非常にありがたい特徴を持っています。
上記2枚よりもガチャから出やすいですし、効果自体は若干劣る程度なので、上記2枚がそろわないうちはこちらも集めておきましょう。

「この良き日のために」

f:id:papuwak:20200903165649p:plain
©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

敵単体かつスキルターンも長めなのでループには組み込めませんが、デバフ効果は最強です。
攻撃力もダメージもDOWNさせますからね。
マギアを特定ターンに必ず撃ってくるとか、特定の場面のみ軽減したい場合は大いに役立つと思います。
期間限定メモリアなため入手難易度が非常に高いため、機会があれば1枚くらい確保しておいても良いでしょう。

他にもあるかも

筆者が把握しているのは上記くらいですが、過去のイベントメモリアなどで強力なものもあるかもしれません。
また、星2、星3メモリアの中にも強力ではなかったので挙げませんでしたが、デバフ自体は可能なメモリアがあります。
「ラブリーあきらルーム」とか「雨上がりの帰り道<れいら>」とか。

メモリアのフィルタ機能の「デバフ」である程度絞ることができますので、自身が所持しているか確認してみると良いでしょう。

追加の戦術

さらなる攻撃力低下を狙え!

基本的には「頼れるネゴシエーター」や「雨上がりの帰り道〈みと〉」で攻撃力低下ループが組めていれば事足りるとは思います。
ただ、これらが集めきれない場合やさらに攻撃力を低下させたい場合は「スキルクイック」に賭けてみるのも手です。

マギアチップショップで入手可能な「暁美ほむら 眼鏡ver.」は、精神強化アビリティでスキルクイック[III]を二つ所持しています。
数が多いだけスキルクイックの発動率は高くなるため、スキルターンが長めのスキルも使い勝手がよくなります。
ただし、スキルクイックの発動は確率なので、長時間戦ってると破綻する可能性はあるのでご注意を。

スキルクイックを活かす場合、「巫の墓」を取り入れると良いと思います。

f:id:papuwak:20200903171947p:plain
©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

単体でのデバフ倍率はそこまで高くありませんが、他のデバフと組み合わせてダメ押し的に使えると思います。
でもこれもイベント入手のメモリアなんですよね……
深碧の巫とCrimson Resolveくらいは常設イベントで良いんじゃないですかね。

特定攻撃のダメージダウンも使える

基本的に「攻撃力DOWN」や「与えるダメージDOWN」があればそれで解決です。
しかし始めたばかりで手持ちが少ないなどは、マギアダメージDOWNなどを活かす手があります。

特にメインストーリー中盤や終盤はバトル開始時からMP最大の敵や、毎ターンマギアを撃ってくる相手も多いです。
攻撃力低下ループを組まないにしても、そういった相手にはデバフが有効なことは覚えておきましょう。

まぁ、毎ターンマギアを撃ってくるホーリーなあの人は拘束も使うから攻撃力低下ループが破綻しやすいですけどね!!

まとめ 攻撃力低下系メモリアは6枚くらい確保しておこう

最近実装された「属性耐性DOWN」を相手が使ってくるようになったため、今後相手の攻撃を軽減する術に需要が増えてくると思います。
というかこれが無いとEXチャレンジなんてやってられねぇ!

理想は「雨上がりの帰り道<みと>」で攻撃力と防御力を毎ターン低下させることでしょうが、そこまで行かずとも十分に活躍してくれるので、「雨上がりの帰り道<みと>」を中心に、全体攻撃力低下系メモリアは残しておきましょう。

「頼れるネゴシエーター」は「雨上がりの帰り道〈みと〉」明らかに調整ミス