マギアレコードのあるきかた

魔法少女まどか☆マギカ外伝 マギアレコード、通称マギレコの非公式攻略ブログです。公式Twitterの呟きを集めたり、高難易度ステージの情報を記載したりしています。特にキモチ戦とEXチャレンジクエストに力を入れています。コメント大歓迎!

【マギレコ】みたまの勲章ショップ交換優先度【2021年12月13日更新】

第11回ミラーズランキングから実装された「みたまの勲章」ショップ。
期間限定メモリアがミララン開催の度に追加されるということなので、個人的な交換優先度を紹介していきます。

みたまの勲章ショップ交換優先度

みたまの勲章について

みたまの勲章は、ミラーズランキングが終わっても所持し続けます
さらに、次のミラランで手に入ったみたまの勲章と合算が可能です

調整屋コインや「ミラーズランキングショップ」のコインなどは引き継げませんが、みたまの勲章は引き継げます。
そのため、交換したいものが無くなったら無理に交換する必要はありません
次のメモリア追加を待てば良いわけですからね。

ミラランで入手可能なみたまの勲章は、まず期間限定ミッションで10個手に入ります。
そのほか、予選終了時のクラスによって以下の数のみたまの勲章が手に入ります。

f:id:papuwak:20210720130015p:plain

みたまの勲章ショップ初開催時の限定メモリアの交換レートが勲章50個だったので、この先も同じならば毎回Aクラス以上でメモリアも毎回交換が可能です。
ちょっとハードルが高いです。

みたまの勲章ショップ交換優先度

f:id:papuwak:20210720125307p:plain

交換優先度は、値が低いほうを優先すると考えてください。

名前 優先度 値段
私は背負い続ける 1番目 50
鏡に映る虚勢の笑顔 3番目 50
鏡に映るまやかしの憎悪 2番目 50
ガチャチケット 交換の必要なし 10
レインボーオーブ 交換の必要なし 5
カースチップ 交換の必要なし 3

限定メモリア以外は他での入手手段があるので、交換する必要はありません
ガチャチケもレインボーオーブも貴重品ではありますが、それ以上に限定メモリアが貴重品すぎます。
レインボーオーブが足りないならば「ミラーズコインショップ」なども利用すると良いでしょう。

現状3種の限定メモリアがありますが、使い勝手からして「私は背負い続ける」を優先すべきだと思います。
高倍率のダメージアップ状態とBlastダメージUPが両立しているため、周回や高火力が必要なキモチ戦や高難易度クエストの攻略に大いに貢献してくれるでしょう。

残りの2種は迷うところですが、能動的な使い方が出来る分「鏡に映るまやかしの憎悪」のほうが上かな……?
今後も追加されていくので、Aランク以上が安定しないようならば次回の追加分を待つのも手です。

限定メモリア詳細

私は背負い続ける

f:id:papuwak:20211002004731j:plain

「私は背負い続ける」
ダメージアップ状態[V]&BlastダメージUP[IV]

ダメージアップ状態とBlastダメージUPが一体化したアビリティメモリアです。
Blastダメージの倍率はアビリティにしては十分に高い数値で、ダメージアップ状態の倍率も最強では無いものの最高クラスに位置しています。

そもそもダメージアップ[V]が腐りにくいのに加えてBlastダメージUPが付いている一品です。
「マギアパしか組まない」といった方でない限りは優先して入手して良いメモリアでしょう。

使用方法としては周回を筆頭に、Blastパを使用する場面ならどこでも役割が持てると思います。
キモチ戦に駆り出したり、あるいはミラーズでBlast複数持ちに付けたり、とりあえずメモリアのイラストに因んでやちよさんに持たせてみたり。
マギア中心だとBlastダメージUP部分が生かせないので、ダメージアップ状態だけが目的ならば「涼子とさくや:刹那の絶好」などを選んだほうが良いと思います。

鏡に映る虚勢の笑顔

f:id:papuwak:20211002004739j:plain

「鏡に映る虚勢の笑顔」
攻撃力UP[V]&確率で回避[IV]

攻撃力UPと回避が一体化したメモリアです。
過信は禁物なものの、付けた魔法少女の生存率が上がります。
回避[IV]ということは同じく攻撃力UPと回避が一体化した「日曜朝の習慣」の回避[III]よりも確率が高いので、「まあまあ避けてくれるなぁ!」くらいのイメージになると思います。

純粋な防御力UPやダメージカットと比べて耐久面では以下のような差が現れます。

  • メリット
    • 被ダメージを完全に0に出来る
    • 「攻撃時に確率で~」系の抽選すら行わせない
  • デメリット
    • 状態異常時は回避できない
    • マギア・ドッペルは避けられない
    • 回避無効で無効化される

「確率で回避」は残念ながら「まさにこれ!」というコンテンツがあまり無いので、どうしても2つの効果の方向性が一致する「私は背負い続ける」よりは使い勝手が劣ってしまうと思います。
ですので、交換の優先度は少し下がりますね。

筆者は普段はミラーズで小さなキュゥべえを単騎にしてこのメモリアを持たせています。
小さなキュゥべえは潜在アビリティに「確率で回避」を持たないため、回避対策を行っていない編成で挑まれるパターンがあるようで、時々1勝していることがありますね。
恒常星3メモリア「日曜朝の習慣」でも同じことができますが、みたまの勲章に余裕がある方はミラーズで回避を持たない魔法少女にこのメモリアを持たせておくのも良いかもしれません。

鏡に映るまやかしの憎悪

f:id:papuwak:20211210230419j:plain

「鏡に映るまやかしの憎悪」
攻撃時に確率でスキル不可(1T)を付与[V]&攻撃力UP[V]

スキル不可付与と攻撃力UPが一体化したメモリアです。
スキル不可付与にどれだけの信頼を置いているかで評価が分かれそうなメモリアですね。

キモチ戦でスキル不可がほしいと思った場面は無い(というかスキル不可無効持ってることが多い)ため、高難易度クエストやミラーズランキングでの評価をしていくことになります。

まず高難易度クエストについて。
星2恒常メモリア「休日の昼寝も思うがまま」(攻撃時に確率でスキル不可(3T)付与[III])が強力なライバルとして立ちはだかります。
スキル不可の付与倍率こそ「鏡に映るまやかしの憎悪」のほうが高いものの、「休日の昼寝も思うがまま」はスキル不可が3T続きます。
高難易度クエストでは長期間耐久することも多いですから、1度発動すれば3Tもスキル不可にできる昼寝に軍配が上がるでしょう。
その3Tの間の攻撃で再びスキル不可にすることも可能なので、スキル不可が有効な相手ならば延々と付与可能です。

昼寝側に無いメリットとしては、やはり攻撃力が上がる点ですね。
百禍チャレンジクエストなどで、「あの敵だけはスキル不可があったほうが楽になる…!」みたいな局面ではこちらが有利かもしれません。
今まで高難易度クエストでスキル不可付与を狙ったことがない場合は、攻略目的での交換を急ぐ必要はないでしょう。
まずは「休日の昼寝も思うがまま」を集めてみるのはいかがでしょうか!


続いてミラーズランキングでの活躍について。
短いバトルとなるミラーズでは、1ターンの行動束縛が生死の分かれ目となるうえ、高難易度クエストで比較対象として挙げた「休日の昼寝も思うがまま」に比べて「鏡に映るまやかしの憎悪」のほうがステータスが圧倒的に高い点も頼もしくなります。
上述のようにスキル不可の発動率はこちらのほうが上ですしね。

ただ、ミラランで積極的にスキル不可付与を狙ったことが無いので、スキル不可付与が有効かどうかは正直わかりません。
最近流行りの潜在スキルでのChargeドローやAcceleドローなどはコンピュータは使用しないため、スキル不可も特に意味はありません(というかAcceleドロー持ちのまどいろには状態異常無効で阻まれる……)。
小さなキュゥべえや篠目ヨヅルのような超火力を得るタイプの相手は、そもそも殴り倒してしまったほうが速い気がします。

ただ、行動不能系の状態異常と異なり、スキル不可は付与されても動けるという特徴があります。
そのため、「スキルは厄介だけど攻撃は大したことない」相手なんかを生かしつつスキル不可を付与する、なんて高度な戦術が取れる可能性はあります。
相手の型を読み切るのは難しいので筆者からすると高度過ぎる使い方ですが……


能動的に使える点や、完全に防ぐ手段が少ない点では「鏡に映る笑顔の虚勢」よりも扱いやすいと思います。
ただ、ライバルとして星4恒常メモリア「未来あるトモへ」が存在しています。
「未来あるトモヘ」は与えるダメージUP[IV]&攻撃時に確率でスキル不可付与[IV]となっており、「鏡に映るまやかしの憎悪」はほぼ上位互換です。
下位互換があるということは代替手段があるということなので、交換前に「未来あるトモヘ」で使用感を確かめるのも手でしょう。
長いことやってるのに筆者は1枚も持ってないけど……

あとがき

メモリアの名称は今後「鏡に映る〇〇の××」が続きそうですね。
順当に来るならば次はさなちゃんだと思います。
「鏡に映る透明の隔絶」とかですかねぇ。

やちよさんの以外はすぐに交換しなくても良いかも


↑クリックしていただけるとランキング上がって嬉しいです。

このブログに記載されているマギアレコードのゲーム内画像は©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partnersに帰属します。