マギアレコードのあるきかた

魔法少女まどか☆マギカ外伝 マギアレコード、通称マギレコの非公式攻略ブログです。公式Twitterの呟きを集めたり、高難易度ステージの情報を記載したりしています。コメント大歓迎!

【マギレコ】300連でピックアップ星4魔法少女は完凸出来るのか?検証してみた

2020年8月14日追記:調整屋コインでの交換は1回しかできない、というご指摘を頂いたので、終盤の内容を一部書き換えました。結論はほとんど変化しません。

2020年6月現在、マギアレコードのガチャには二つの天井があります。
1つ目は、99回連続で星4魔法少女が出なかった場合、100回目が必ず星4魔法少女になるというもの。
2つ目は、1回につき1枚もらえる調整屋コインを300枚集めることで、ピックアップ星4魔法少女がショップで交換できるというもの。
特に2番目の存在は大きく、300回ガチャを回せば確実にピックアップ対象の星4魔法少女を手に入れることができます。

しかし、ご存じの通りマギレコには魔力解放というシステムがあります。
魔力を完全に解放する、いわゆる完凸を行うためには、星4魔法少女の場合同キャラが合計4体必要になります。
つまり4回引き当てるか交換する必要があるわけですね。

最悪300連×4=1200連をすれば、完凸は可能です。
しかし、筆者は以下のように考えています。

300連でピックアップ魔法少女は完凸出来るのではないか?

実際にクリスマス梨花れんは300連で完凸出来ました。
実際にはどれほどの確率で300連でピックアップ魔法少女を完凸出来るのか……

我々「マギアレコードのあるきかたガチャ捜査班」はAmazonの奥地に……
……向わずに、Google Colaboratoryに向かったのであった。

※あくまで確率の話ですので、実際にいくら貯めるか、何回ガチャを引くかは自己責任でお願いします。
※この記事での検証は、実際の統計で用いる手段とは程遠いと思います。

300連で完凸出来るか?

そもそもピックアップ星4魔法少女とは

そもそもピックアップ魔法少女とは?
ここでは「期間限定ガチャでピックアップ対象となっている星4魔法少女」を指します。 執筆時点では「期間限定ガチャ 時を超えて鳴らす鐘 第1弾」が開催されており、このガチャでピックアップされている「タルト」がピックアップ星4魔法少女に当たります。

f:id:papuwak:20200616222348j:plain
©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

ピックアップの名の通り、他の星4魔法少女と比べて的中率が上がっています。

f:id:papuwak:20200616222414j:plain
©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

タルトとみふゆの的中率を比べれば、一目瞭然ですね。
(どっちも通常時は小数点以下でめっちゃ低いけど)

マギレコのガチャ確率

各レア度の的中率は以下のようになっています。

f:id:papuwak:20200616222431j:plain
©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

また、上記のタルトの確率などを合わせて考えると、ピックアップ星4魔法少女が的中する確率は、以下のように言い換えることができます。

「星4魔法少女が排出される際、60%の確率でピックアップ星4魔法少女である。」

星4的中率 ピックアップ星4的中率
通常時 1% 0.6%
魔法少女確定時 1% 0.6%
星3以上確定時 2% 1.2%
星4魔法少女確定時 100% 60%

これを踏まえて、ガチャを引くシミュレーションが出来るプログラムを組んでみました。

完凸について

300回分回すと調整屋コインが300枚手に入り、ピックアップ対象の星4魔法少女と交換することができます。

f:id:papuwak:20200616222515j:plain
©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

この交換をすると、ガチャからは3回星4魔法少女を入手すれば良いことになります。
今回はこの交換をすることを前提として考えていきます。

シミュレーション作成

Google Colaboratoryを使ってpythonでカタカタとシミュレーションを作ってみました。
以下のリンク先でドライブにコピーすれば、手元で実行できると思います。

https://colab.research.google.com/drive/1h1rD-TT8-dZrIohS0jJkiSMP9Fi5-Uy1?usp=sharing

さて、これを使って単発ガチャで300連を10000回分回してみます。
300連で「星4魔法少女:ピックアップ対象」が3回出る確率がどれくらいのものか検証します。
10000回の試行のうち「星4魔法少女:ピックアップ対象」が3回出た確率が95%以上ならば、「300連でピックアップ星4魔法少女は完凸出来る」と結論付けましょうか。

検証結果(300連1万回分)

単発300回でピックアップ星4魔法少女が3回出る確率

51.29 %

結論

全然ダメじゃねーか!

95%どころか乱数次第じゃ50%も下回りそうだよ!

何度か実行してみましたが、300連だとだいたい51~52%ほどで完凸できそうな感じですね……
ピックアップ対象は星4が出る際に60%しか出ませんからね。
50%じゃ若干分が悪い賭けと言わざるを得ません。

失念されし10連の存在

ここでガチャを引いた際に星4が出る確率を再掲。

星4的中率 ピックアップ星4的中率
通常時 1% 0.6%
魔法少女確定時 1% 0.6%
星3以上確定時 2% 1.2%
星4魔法少女確定時 100% 60%

こちらを見ていただくと、星3以上確定時は星4的中率が2%に上がることがわかると思います。
そして10連ガチャを引いた際、その10連分のうち1回が星3以上確定となります。
そのため、単発ガチャを10回引くよりも、10連ガチャを1回引いたほうが星4的中率は高いと言えます。

というわけで、単発を300回ではなく、10連を30回行った場合の星4魔法少女完凸率を検証してみましょうか。
(微々たるものだからどうせダメだろうけど)

再び結果と結論

10連30回でピックアップ星4魔法少女が3回出る確率

56.06 %

知ってた

こちらも何度か試してみた感じ、55~56%程度になりそうです。
筆者が思っていたよりは確率が上がっており、5%くらいは確率が上がりますね。

実際は単発ガチャチケットもあるため10連30回を引く機会はそうそう無いと思います。
単発と10連の複合がメインとなるでしょう。 どちらにせよ、300連では50%程度の確率で完凸出来ると言えそうですね。

というわけで、300連でピックアップ魔法少女は完凸出来ないと結論付けましょう。

おまけ① 星4メモリアの完凸率

ついでに星4メモリア完凸率も実験してみました。
こっちは魔法少女よりも出やすい分、300連天井がありません。

星4魔法少女と同じように1万回分試してみた結果、

  • 単発300連では66%程度
  • 10連30回では81%程度

となりました。

星3以上確定時の星4メモリア的中確率が、通常時の4倍以上になっているため、10連かそうでないかで結構差が出ました。
メモリア狙いならば積極的に10連を引いていくべきですね。

おまけ② 400連~600連

600連ならば300連天井が2回来るおかげでハードルが非常に下がるのでは?
調整屋コインで魔法少女を交換できるのは、1キャラにつき1回のみです。
そのため、300連でも600連でも必ず入手できるのは一人までとなります。
が、600連くらいやれば完凸出来ると思うので、300連天井は1回として400連分~600連分の結果を見てみましょう!

ガチャ回数 完凸率
400 77.3%
500 90.25%
600 95.8 %

600連だと95%以上となり、一つの基準としていた数値を上回っていますね!
この結果から、600連引けば流石に完凸出来ると思います。
残りの5%になることは考えてはいけない!
何億連しても完凸できない確率は0じゃないんです!

改変前の記事はコチラをクリックで表示されます

600連ならば300連天井が2回来るおかげでハードルが非常に下がるのでは?
と思い立ったので、同じように実験してみました。
ついでに400連と500連も。
単発のみで比較してみましょうか。
|ガチャ回数|完凸率| |-|-| |400|77.3%| |500|90.25%| |600|99.24 %|
600連は300連天井での交換2回を想定しています。
流石に600連分引けば余裕そうですね。

まとめ

300連では50%程度でしか完凸出来ません。
確実に完凸させたいならば、600連分の石を確保しておくと良いでしょう。
もし400連分とかある場合も、復刻に備えて300連分だけ引いておくといった手を取るのも良いかもしれませんね!

今から貯めれば3周年までに300連貯めることも無理ではないと思うので、ご利用は計画的に……

現在の凸状況から考えると、300連でアルまど完凸出来そう

アイドルレナちゃんの時のような悲劇が起こらないと良いね

このブログに記載されているマギアレコードのゲーム内画像は©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partnersに帰属します。