マギアレコードのあるきかた

魔法少女まどか☆マギカ外伝 マギアレコード、通称マギレコの非公式攻略ブログです。公式Twitterの呟きを集めたり、高難易度ステージの情報を記載したりしています。コメント大歓迎!

ブログの設定を調整中なので、表示が崩れる事があるかもしれません。

【マギレコ】百禍チャレンジクエスト攻略のコツ

百禍チャレンジクエストの攻略記事は需要がありそうなので、全体的な攻略のコツを記載していきます。
まあ、需要があるというよりは供給が無いということも考えられますが……

百禍チャレンジクエスト攻略のコツ

要点

  • 長丁場になるので回復手段・ダメージ軽減手段を多めに
  • 攻撃が緩いWAVEでMP溜めをする
  • もしくは単体ドッペルで高火力な相手を吹き飛ばして攻撃を緩くする
  • 危険WAVEはドッペルで駆け抜ける

この辺りを意識しておけば、クリアできる可能性が上がります。

耐久戦を心掛ける

百禍チャレンジでは3人以上の編成が要求されるうえ、最終戦が5WAVEや7WAVEと長丁場になります。
そのためいっそのこと5人編成にして耐久を重視し、長期戦を心掛けると良いでしょう。
最初の3ターンの間ダメージ軽減をする敵も多く、短期決戦も難しいですしね。
百禍では突破ターン数が記録されますが、まずは全ミッションクリアを目指せば良いのです。

耐久は回復することとダメージを軽減することの2種類の要素に分けられます。

回復手段

回復手段は自動回復と直接回復の2種類です。
サヴァイヴも自動回復に含んでいいと思います。
自動回復のほうが付与手段が豊富で効果時間が長い代わりに、1回の回復量が少なめです。
逆に直接回復はコネクトやマギアなど発動手段が限られる代わりに、回復量は多めです。

アルティメットまどかの編成や魔法陣形「ガーディアン・フォース」などでも自動回復は全体に付与できます。

f:id:papuwak:20210214212955p:plain

上記2種は回復量こそ少ないものの、状態異常「回復不可」以外では解除されないのが強みです。
2つ同時に使えば決して低くない回復量になりますしね。
そのため可能な限り自動回復に頼って耐久し、大ダメージを受けた場合に直接回復でリカバリーすると良いでしょう。

初期レア度星3以下で優秀なのは夏目かこと胡桃まなかと環いろはの3人です。
この3名についてはオススメ魔法少女のヒーラーで触れています。

基本的にヒーラーは2人くらいで足りると思います。
アルティメットまどかやガーディアン・フォースでの補佐があれば、1人でも足りるかもしれませんね。
回復が追い付かないと感じたら、ダメージ軽減手段かヒーラーを増やすと良いでしょう。


最近はメモリアによる自動回復も優秀になってきました。
恒常星4の「やさしいは作れる」や配布星4の「痛みを知るゆえに悼む」「繋がる道を歩いてる」などのアビリティメモリアは攻防一体となっており、かなり使いやすいです。
特に「繋がる道を歩いてる」のオーパーツっぷりは異常。
「リトル・バケーション」もスキルターンが短い上にスキルクイックまで付いていて、配布の中でもかなり強い部類に入るでしょう。

自動回復はフィルタ分類としては「状態強化」に当たるので、メモリア一覧で探してみましょう。

ダメージ軽減手段

デバフとバフによって直接ダメージを軽減するほか、魔法少女の配置やかばう・挑発により、そもそもの被弾を避けることが考えられます。

バフ

防御力UPとダメージカットの2種類が挙げられます。
ダメージカットはさらにマギアやBlastなど個別のダメージカットに分かれますが、味方が使う分には、軽減対象を問わない通常のダメージカットを信頼したほうが良いでしょう。

高レア度の魔法少女のマギアには、オマケのように防御力UPやダメージカットが付いてくることがあります。
アルティメットまどかや小さなキュゥべえのマギアにも全体ダメージカットが付いています。
あとは通常まどかのマギアのダメカも有名ですね。

それ以外だと全体に付与する手段はそこそこ限られます。
入手が容易な範囲ですと、二葉さなのマギアは味方全体に防御力UPとダメージカット付与(3T)があります。
さなはMP溜めが苦手なものの、常にダメージ軽減が必要なわけでもないので、さなだけでもなんとか間に合うと思います。

単体に付与する手段はスキルメモリアを筆頭に多くあるので、壁役には是非とも持たせておきたいところ。
また、さなのようにコネクトにダメージカットや防御力UPがある魔法少女も多いため、残りHPが少ない魔法少女を守るように使用するのも手ですね。

デバフ

相手へのデバフについては攻撃力低下ループが有効です。

www.magireco-walk.com

ただ、レア度が高いメモリアが必要となるため、ループできるほどの枚数が無い場合は危険なWAVE用に3枚程度(3Tダメージカット対策)持ち込むほうがお手軽ですね。
デバフの倍率は低いものの、デバフできるターン数が長めな「迷わず進むための光」や「巫の墓」あたりを採用するのも手です。

また、最近では毎ターンデバフ解除を使用してくる敵も増えているため、過信は禁物です。
どちらかと言えばバフと回復で耐久しつつ、緊急事態にはデバフで被ダメージを下げる戦法をお勧めします。

陣形とかばうと挑発

最もダメージを抑えられる陣形はX字型の陣形です。
Blast攻撃をされた場合にダメージを受けるのは最大でも2人になるためです(今後小さなキュゥべえが敵として出てきたら逆に最も被害が大きい陣形になりますが……)。
上述の回復手段で出てきた魔法陣形「ガーディアン・フォース」がX字型ですので、特に理由がない限りはこの陣形を使うことになるでしょう。
マギアチップショップで交換できるので、入手してください。
瞬間火力が欲しいクエスト以外ではずっと「ガーディアン・フォース」で良いくらい優秀です。

まず、耐久力が高い壁役の魔法少女を中央に配置します。
これにより壁役が攻撃される際は、他の魔法少女が狙われることが無くなります。
これは挑発を発動させたときに大きな利点となります。
逆に、他の魔法少女が狙われた際はその魔法少女に「かばう」ができるようになります。
つまり、X字型の陣形で壁役の魔法少女を中央に配置することが、かばうと挑発を最も生かすことができるのです。 ただし「ガーディアン・フォース」の中央の魔法少女は自動回復が付与されないため、メモリアでカバーするか回復役が積極的にフォローしてあげましょう。

あとの魔法少女はどこに置いてもそれほど問題はありません。
Blast攻撃で一気に倒されないように、耐久が低い魔法少女や属性が同じ魔法少女は対角線上に置くと良いでしょう。


例えばチームみかづき荘ならばこのような配置になります。

f:id:papuwak:20210214212813p:plain

壁役のさなを中央に配置。
続いて耐久が低いフェリシアと鶴乃を対角線上に配置しています。

状態異常対策について

百禍チャレンジクエストは1つ1つのクエストが長いので、使用してくる状態異常の種類は多いものの、多くは単体だったり全体でも確率が低かったりします。
5人編成ならばそれらはあまり脅威ではないため、特に危険な状態異常以外は無理に対策する必要はありません。
ただ、精神強化アビリティに状態異常耐性があれば多少楽にはなります。

状態異常耐性がある程度ある状態で、最も危険な状態異常は「やけど」です。
やけどは一部の敵が攻撃時に必ず付与してくるパターンがあり、積み重なると大ダメージを受けてしまいます。
具体的にはらんかが該当しますが、今後は樹里も同様の攻撃をしてくる可能性が高いです。

全員にやけど無効を積む余裕はないため、ピンポイントで状態異常耐性を高めるのが有効です。
少し前に配布された「真夏の夜の魔法」や「カミハ☆マギカ」は味方全体に状態異常耐性[V]を3T付与できるため、状態異常が激しいWAVEにピンポイントで発動すると良いでしょう。
それでも足りない場合は「枇々木めぐる」の潜在スキルを使用する手もありますが、めぐるは星5解放がまだ来てないためステータスが低いので、却って耐久力が下がる可能性もあります。

危険WAVEはさっさと突破するべきですね。

耐えるWAVEと瞬殺するWAVEを分ける

前述のように百禍チャレンジクエストは5WAVEや7WAVEと長丁場になりますが、全WAVEが激しい攻撃をしてくるわけではありません。
大抵2WAVE程度は攻撃が緩いWAVEがあるため、そこでMPを溜めたり回復が可能です。

  • 耐久に向く相手の特徴
    • 火力が低い
    • MP自動回復がない
    • MPダメージをしてこない

上記の逆が耐久に向かない相手ですね。
MPダメージはダメージ量次第では耐久可能にはなります。

逆に上記の特徴を持った相手を単体ドッペルで排除することにより、安全なWAVEを作り出す手もあります。
相手が複数人いる場合、その中の一人が「味方全体の攻撃力UP/クリティカル」などを使用するせいで火力が上がっている場合があります。
そんな相手を最初に倒しておけば、それ以降は耐久可能になるパターンがあります。

単体ドッペルを活用する

昔は範囲が全体のドッペルと大きなダメージ差は無く、使い勝手が悪かった範囲が単体のドッペルですが、2020年11月にダメージの情報修正が行われました。
今では単体マギア・ドッペルは10万ダメージも簡単に出せる凄まじい火力になっています。

百禍チャレンジクエストでは、1マス分しか使わない魔法少女が相手として出てくるため、単体ドッペルとの相性が非常に良いです。
単体ドッペルを使うことで、属性相性やマギアダメージカットにもよりますが、1人は倒すことができるでしょう。

単体マギアの使い手は、初期レア度星3以下の魔法少女やマギアが不得手そうなディフェンスタイプに多いです。
例えば、ディフェンスタイプ筆頭の美樹さやかや粟根こころは単体ドッペルですね。
単体ドッペルは一種のデメリット的な側面を持っていたのかもしれませんが、前述のダメージ上方修正により、デメリットとは言えないほどの火力になりました。
素の火力が高くなくても特大ダメージがだせるため、メモリアを防御特化にしていても火力に貢献することができます。

メインアタッカーは全体ドッペル持ちをお勧めしますが、それ以外の魔法少女に2人くらいは単体ドッペル持ちが欲しいですね。

百禍チャレンジクエストおすすめ☆3魔法少女

初期レア度星3以下の魔法少女を取り上げていきます。

ヒーラー

f:id:papuwak:20210108222417p:plain

まず何と言っても夏目かこがヒーラーとして優秀です。
コネクトで直接回復、マギア・ドッペルに加えて精神強化でも味方全体自動回復3Tが付与できる回復のスペシャリストです。
さらにさらに、状態異常回復能力も持っているため、呪われて窮地に陥った魔法少女を助けるも可能です。
専用メモリアもAcceleドローですし、特に理由が無ければ彼女を採用してしまって良いでしょう。

欠点は素の火力の低さですが、前述のように単体ドッペルで何とかなります。
耐久力が高くて倒しにくいさやかや、登場頻度の高いレナややちよに強い木属性なのも追い風です。

天敵は佐倉杏子。


そのほかのヒーラーとしては、いろはとまなかが挙げられます。

f:id:papuwak:20210108223959p:plainf:id:papuwak:20210108224001p:plain

どちらもコネクトに回復と攻撃力アップが備わっているため、必要に応じて耐久から攻めに転じることができます。
倍率的にはまなかに軍配が上がりますね。

大きく差が出るのがマギア及びドッペルで、まなかは全体攻撃力UP、いろはは蘇生と状態異常回復が可能です。
どちらが必要かはクエストによって異なってきますが、火力を上げて危険なWAVEを突破しやすくなるまなかのほうを優先すべきでしょう。

いろはの蘇生が必要な場面は、そもそもの耐久に失敗していると言えます。
ただ、「序盤は属性相性が不利ですぐ倒れるけど、終盤は攻めに使いたい」ような魔法少女がいれば、蘇生も視野に入ります。
例えば綾野梨花のように低耐久高火力の魔法少女を1人採用する場合は、蘇生も有効に扱えると思います。
ただし蘇生対象はランダムなので、蘇生を戦術に組み込む際は倒れるのができるだけ1人だけになるように他の魔法少女はバッチリ防御を固めましょう。


基本はかこを採用、足りなければまなかかいろはを採用という形式で良いと思います。

壁役

かばうや挑発で攻撃を引きつけ、パーティ全体の被害を軽減する役割です。
まず高耐久が必要で、潜在アビリティにかばうか挑発、それと耐えるかサヴァイヴがあると良いですね。
あとは単体ドッペルか補助スキル持ちが理想的です。

星5解放がされているディフェンスタイプは二葉さなと純美雨の2名です。
どちらも一長一短なので、順に説明していきますね。

まず二葉さなについて。

f:id:papuwak:20210214114702p:plain

こちらの強みはコネクトによる攻撃力UPと、マギアによるダメージカット&防御力UPです。
アタッカーにコネクトすることで、全体ドッペルのダメージを引き上げることができ、危険WAVEの突破率が上がります。

さらにマギアのダメカ&防御力UPも耐久に大きく貢献してくれるのですが、問題はドッペルです。
2種類の効果がランダムに発生しますが、攻撃的な効果と防御的な効果のどちらか片方のみが発動することになります。
耐久という観点からすれば攻撃的な効果はハズレなので、MPが溜まり切る前にマギアを撃っておきましょう。
MP上限低下が向かい風……


続いて純美雨について。

f:id:papuwak:20210214113736p:plain

まず全ステータスがさなよりも高いです。
また、属性が水なので、ヒーラーのかこが苦手な火属性への対策となります。

ディスク構成がさながABBCCなのに対して。美雨はABCCCです。
MP溜めに関しては少しだけ美雨のほうが向いていると言えます。

さらにドッペルの対象はランダムですが、少人数が相手ならば火力はこちらに軍配が上がります。


どちらにも強みがあるため、まずは属性相性から考えてみると良いでしょう。
相手に火属性が多いならば美雨、水が多いならばさなですね。
あとは好みで選んでも何とかなると思います。

アタッカー

初期レア度星3以下だと一番難しい部分です。
できれば全体ドッペル持ちが良いのですが、全体的にステータスが低いか、MP溜めに不向きです。

お勧めは美国織莉子と木崎衣美里の2名です。
織莉子のほうが火力は高く、衣美里のほうが補助向きです。
メイン火力は織莉子にし、2人目のサブアタッカーとして衣美里の採用でも良いかもしれません。

織莉子について。

f:id:papuwak:20210214120650p:plain

強みは何と言ってもマギア特化の性能です。
ディスク構成こそAccele2枚なものの、タイプがマギアでMP溜めがしやすく、ドッペルアデプトとマギアアデプトをいくつも持っているため、ドッペルはかなりのダメージを叩き出せます。
光属性で軽減されにくいのも強みであり、素のATKも高いです。

潜在アビリティの確率でダメージカット無視もそこそこの確率で発動し、ドッペル以外でもそれなりに高いダメージを期待できます。

弱点は絶望的な耐久力の低さ
星5魔法少女の中では最低レベルの低さであり、相手に闇属性がいると大ダメージは免れません。
織莉子を採用する場合は必ず壁役を用意しましょう。

潜在アビリティで確率で回避、潜在スキルで1ターン必ず回避が使えるため、使い所さえ間違わなければ低耐久のフォローは可能です。

専用メモリアの自分のディスクドローがキモチ戦に役立ったりするため、織莉子は育てておくことをお勧めします。


続いて衣美里について。

f:id:papuwak:20210214120655p:plain

素の火力は織莉子に劣るものの、ドッペルやコネクトで幻惑を付与できたり、素の耐久が高かったりと、織莉子と比べて耐久戦が得意です。
アタッカーとしての信頼度は織莉子に軍配が上がるため、併用して織莉子でも倒しきれない場合の一押しとして使用するのが良いでしょうか。

潜在スキルの「必ずやけど&確率で幻惑(敵単)」が意外と優秀で、上手く行けばサヴァイヴ持ちもこのスキル1つで倒しきれます。
呪いのほうが手っ取り早いですが、呪い無効の敵も多いため、衣美里がサヴァイヴ対策に使えることは覚えておきましょう。

そのほかオススメ魔法少女

残りのオススメ魔法少女としては、綾野梨花が挙げられます。
アタッカーに含めても良い気がしますが、サポート役でもありますね。

f:id:papuwak:20210214124455p:plain

Accele3枚持ちかつ専用メモリアが「自分のディスクドロー」なので、必ずアクセルコンボを発動できます。
さらにそのあとはコネクトも発動できるようになるため、パーティ全体のMP供給に大きく貢献できます。

さらに初期レア度星3ながら全体属性強化マギア持ちなので、木属性を簡単に吹き飛ばせます。
かこ、美雨、梨花の3人組ならば、かこが苦手な火属性を美雨がカバーしつつ、美雨が苦手な木属性を梨花がカバーするというなかなか良い立ち回りが可能です。

弱点は織莉子と同じく耐久力の低さ。
星5解放がまだ来てないため耐久力が非常に低く、HPもDEFも織莉子より1000以上劣ります。
まあ、星5解放が来ても耐久の低さは変わらずでしょうが……

MP供給力と対木属性性能が強みですね。

同じく星3で全体属性強化マギア持ちには秋野かえでがいますが、かこと同じ木属性な点と、梨花ほどAcceleディスクを引き出す能力に長けていないのがネックです。
危険な水属性がいても、かこの単体ドッペルで吹き飛ばせますしね。
ただしかえでのMP供給能力は割と高いので、水属性が多いならば選択肢には十分入りますね。
耐久力はやっぱり織莉子並……

筆者が使ったことがある☆4魔法少女の評価

筆者が完凸で所持している魔法少女の、百禍チャレンジクエストにおける評価をしていきます。
ここで挙げていない魔法少女が優秀ではないということではなく、単に筆者が所持していない、もしくは完凸出来ていないだけです。
みかげとか小さなキュゥべえとか強いと思います。

アルティメットまどか

f:id:papuwak:20210214214521p:plain 味方全体に自動回復&状態異常耐性付与がまず強力過ぎます。
さらにステータスも高く、攻守両方で活躍が可能です。

コネクトは火力UP&状態異常対策&サヴァイヴと申し分ない性能。
マギアやドッペルも大ダメージのほか味方全体に3T火力UPと全ディスク効果UPとダメージカットと至れり尽くせりです。
さらにさらに、MP自動回復があり、長丁場となる百禍との相性が良すぎます。
アルまどを持っているならば採用しない理由がありませんし、なんなら無凸でも仕事をしてくれると思います

弱点はありません。

無理矢理弱点を挙げるならば、直接回復手段を持たないため、純粋なヒーラーにはなれないことくらいです。
ただ、自動回復と状態異常解除、サヴァイヴでヒーラーのサポートは十分できます。

粟根こころ

f:id:papuwak:20210214214542p:plain

他の追随を許さない超高防御、味方全体にダメカを付与しつつ超ダメージを叩き出せる単体光属性ドッペル、緊急時のリカバリーに使える潜在スキルと、百禍向きすぎる性能を誇ります。
ディスクもAABCCなので、MP溜めには扱いやすい構成です。

特にドッペルダメージが強力で、攻撃系メモリアが一切無くても潜在アビリティのドッペルアデプト[IV]×2により、生半可な魔法少女は葬り去れます。
ダメージカット付与はマギアをちょこちょこ発動するほうが小回りが利くため、耐久が必要な場面と火力が必要な場面で使い分けると良いでしょう。

弱点はコネクトに火力UP要素が無い点です。
逆に防御のための性能しかないため、耐久時には扱いやすいかもしれません。

鹿目まどか

f:id:papuwak:20210214214626p:plain

今でも最強のMP供給役です。
マギアでもコネクトでもMPをバラまけるため、パーティ全体のMP獲得量に大きく貢献します。
専用メモリアもアクセルドローですしね。

さらにコネクトにはHP回復、マギア・ドッペルには味方全体のダメージカットがあるため、味方全体の耐久力にも貢献できます。
MP供給役とヒーラーを兼ねられるのが強みです。


弱点は初回マギア発動までは若干動きが遅いことです。
アクセルディスクドローがあるものの、自身はヒールタイプかつAccele2枚なので、MPの溜まり具合は並程度です。
また、潜在アビリティもMP獲得に関するものがMPブーストしかなく、MP100以下のMP溜まり具合はむしろ遅い方と言えるかもしれません。

ただ、百禍ならばWAVE1で耐える余裕もあるので、デメリットよりもメリットのほうが圧倒的に多いでしょう。

タルト ver.Final

f:id:papuwak:20210214214647p:plain

圧倒的なステータスの暴力により、相手からの攻撃をものともしません。
Blast攻撃でMP獲得ができるため、Blast3枚ながらMPが溜まる速度も速いです。
さらに全体属性強化マギア持ちなので、大ダメージを与えつつ闇属性はほぼ確実に倒せます。

ただ、Acceleが1枚だけな点から、味方全体のMP獲得には貢献できません。
ステータスの暴力で大抵何とかなるので気軽に採用して良いと思いますが、その点だけはご注意を。

梨花・れん クリスマスver.

f:id:papuwak:20210214214709p:plain

Accele3枚、マギアに自動回復と攻撃力UP有り、潜在スキルで状態異常対策可能、アタッカーにもなれると、これまた百禍に向いた性能です。
特にHP自動回復が優秀で、かこの自動回復と合わさると自動回復だけで半分程度回復も珍しくありません。

ただ、限定星4なのに織莉子並に耐久力が低いという無視できない欠点が存在します。
それを超えるメリットはあるため、耐久の手筈が整うまではしっかりと守ってあげましょう。

暁美ほむら

f:id:papuwak:20210214214741p:plain Blast3枚でMP溜めには貢献出来ず、ファイナルタルトのような高ステータスというわけでも無いため、残念ながら百禍では使いにくいという結論に至りました。
ドッペルもアタッカーとして欲しい全体ではなくランダム攻撃なのもネック。

もしかしたら星4魔法少女の中で一番百禍に向かない性能してるかも……?

まとめ 耐久戦をしかけよう

攻撃が激しいWAVEと緩いWAVEを見極め、適時MPを溜めていくことが重要です。
緩いWAVEが無い場合は単体ドッペルを上手く使い、無理矢理隙を作りだしましょう!

限定魔法少女はアタッカー候補ばかりなため、ヒーラーや壁役は恒常や星3以下の魔法少女を上手く使いたいところですね。

サポートが使えればハードルが少し下がるんだけどねぇ

このブログに記載されているマギアレコードのゲーム内画像は©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partnersに帰属します。