マギアレコードのあるきかた

魔法少女まどか☆マギカ外伝 マギアレコード、通称マギレコの非公式攻略ブログです。公式Twitterの呟きを集めたり、高難易度ステージの情報を記載したりしています。特にキモチ戦とEXチャレンジクエストに力を入れています。コメント大歓迎!

【マギレコ】鏡の魔女(殲滅戦型)攻略(初期レア度☆3以下の編成例あり)【2部12章5話 それなら奇跡を見せて】

メインストーリー2部12章5話は特殊な形式で話が進んでいきます。
いくらか進めたあとは、殲滅戦と同じ形式のバトルを行うことになります。
殲滅戦の詳細はコチラ↓

www.magireco-walk.com

要は、鏡の魔女の一部位との戦いに編成している魔法少女は、他の鏡の魔女の一部位との戦いに編成できないというものです。

推奨戦力的には、殲滅戦のCHALLENGEに相当します(270000)。
最高難易度の1つ下で難しめだと思うので、気を引き締めて戦いましょう。

鏡の魔女の腕3以外は、属性強化ドッペルによるワンキルも有効だと思います。

www.magireco-walk.com

殲滅戦後の鏡の魔女戦攻略はコチラ


2022年9月19日追記
思っていた何倍も参考にされているようなので、記事の最後にメモリアの装備の意図と、代替案を記載しました。
是非そちらもご覧ください。

それなら奇跡を見せて 鏡の魔女殲滅戦

鏡の魔女の腕1

  • スキル
    • 偶数ターンに「敵単体に必ずやけど(2T)」
    • 3の倍数ターンに「自身に攻撃力UP&防御力UP&状態異常耐性UP(∞ターン)」
  • アビリティ
    • バトル開始時に「自身に攻撃力UP&防御力UP&状態異常耐性UP(∞ターン)」


3ターンごとのバフにより、徐々に強くなっていきます。
HPは300万と、殲滅戦と比較すれば高くないので、縦Blastでの短期決戦を狙いましょう。

編成例はこちらです。
ななか組の3名の力を借ります。

流れとしては、

  • 1,2ターン目:Chargeコンボしつつ、あきらと美雨のコネクトゲージを最大に
  • 3ターン目:スキル全使用し、あきら、美雨のChargeディスクでななかにコネクト、3枚目はななかのBlast
  • 4ターン目以降:出来るだけあきらとななかのコネクトを発動させ、倒しきる

となっています。
順調にいけば、1,2ターン目でChargeコンボは14になり、乱数次第ではありますが3ターン目のななかの最後の縦Blastで200万程度削ることが可能です。

1,2ターンで14Charge溜めつつあきらと美雨のコネクトゲージをマックスにすること、3ターン目に該当するディスクがあること(あきらと美雨のCharge、ななかのBlast)とランダム要素は多めです。
ただし、あきらと美雨の専用メモリアでChargeディスクドローが可能なので、高確率で1,2ターン目の条件の達成は可能です。
3ターン目の条件に関しても、ななかはBlast3枚、あきらと美雨はCharge3枚持ちなので、思っていたよりも満たしやすいです。


4ターン目以降は、残ったHPを出来るだけ縦Blastを当てつつ削り切ることになります。
メモリアを☆4のものに変える、ななかの精神強化で全マス解放する(筆者は59マス解放済み)などを行えばかかるターン数は減りますし、もしかしたら3ターン目に倒しきれるかもしれません。

いずれにせよ編成完了し、挑戦し始めてから15分もあれば突破出来ると思います。

鏡の魔女の腕2

(霧になっているのはかえでのスキルによるものです)

  • スキル
    • 偶数ターンに「敵単体に様々な状態異常(2T)&自身に虚弱(2T)」
      • 様々な状態異常の内容は上記の敵情報に記載の8種
    • 3の倍数ターンに「敵状態異常時ダメージUP(3T)」


2ターンごとの状態異常付与が強烈で、特に強化毒&やけど&呪いをまともに食らうとそれだけで倒れかねません。
状態異常耐性UP、それが出来なくとも毒対策だけはしたほうが良いでしょう。
まどいろなどが持つ状態異常無効は1度しか防げないため、今回の場合は状態異常耐性UPのほうが有効です。

HPは5マスボスにしては500万と素直な値で、やはり殲滅戦としては高くありません。
(殲滅戦というか殲滅戦EX CHALLENGEと比較して高くない、ですかね) 状態異常の嵐に対して悠長に戦う余裕はないので、ここも短期決戦で挑むべきです。

ただ、様々な状態異常の対象は単体なので、編成人数を増やしてある程度長めの戦いに耐えるという選択もありですね。

ということで編成例はコチラ。
水属性でマギアが有効な相手ということで、木属性強化ドッペル持ちのかえでちゃんです。
状態異常対策やAcceleドローが可能なかこにも協力してもらいます(ななか組これで全員登場ですね)。

この編成で初見突破出来ましたが、相手の攻撃がかえでにあまり飛んでこなかったのが幸運でした。
火力は十分あるので、アビリティメモリアは1枚状態異常対策に変えたほうが良いでしょう。

スキル全解放で撃てば、かえでのドッペルだけで500万ダメージは出せます。
かこのMPを溜める必要は無いため、Acceleドローはできるだけかえでのディスクを選択しましょう。
早ければ3,4ターンで決着が付きそうです。

鏡の魔女の腕3

  • スキル
    • 3の倍数ターンに「自身に攻撃力UP&確率でクリティカル&マギアダメージカット(3T)」
    • 3の倍数ターンに「自身にBlast被ダメージUP&Charge後被ダメージUP(3T)」

敵情報には記載のない、Blast被ダメージUPとCharge後被ダメージUPを使用します。
HPは500万ですが、被ダメージUPの効果によりBlastでも1ターンで削り切れるかもしれません。
杏子あたりが居れば狙ってみても良いでしょう。

回避に対する妨害が一切ないことを利用し、織莉子で攻略可能です。
1,2ターン目はACAでMP溜め、3ターン目以降はAマギアAで完封可能です。

マギアダメージカットこそ使用してくるものの、織莉子は確率でダメージカット無視が可能なので20分くらいで終わります。

鏡の魔女の腕4

  • スキル
    • 3の倍数ターンに「自身にデバフ無効×3&ダメージアップ状態(3T)」
    • 5の倍数ターンに「敵全体にHP回復禁止(3T)」
  • アビリティ
    • 回避無効


2ターン目までは余裕で耐えられるものの、3ターン目以降のダメージアップしつつの攻撃が強力です。
デバフも3ターン目以降は付与しにくくなるものの、幸い霧・暗闇・幻惑には耐性がありません。
そのため、強力な攻撃を無効化しつつある程度耐えることは現実的な範囲です。

反面、回復禁止があるため、長期戦は行えません。
ある程度のターンを耐久しつつ、ドッペルやBlastで削り切れる編成にすると良いでしょう。

葉月、雫がアタッカーとなり、梨花がMP供給をサポートする編成です。
梨花の専用メモリアでAcceleドローできるため、できるだけ早いうちに使用しておき、MP加速すると良いでしょう。
自然発生したAcceleドローを1度引ければ、葉月と雫のMPも6,7ターン目くらいには150まで溜まっているかと思います。

葉月と梨花に持たせた「彼の地は遙か遠く…」による霧付与で耐えつつ、MPを溜めます。
梨花は倒れてしまっても問題ないため、攻撃が激化する4ターン目以降にかばうを発動してもらいます。
また、葉月の潜在スキルによるデバフですが、4ターン目以降はデバフ無効により効かなくなるので、3ターン目に撃つと良いでしょう。


葉月はAcceleディスクが1枚しかないため、手持ちの魔法少女でマギアが得意な光属性魔法少女が他にいれば、その魔法少女に変えると良いです。
葉月は葉月で開始時にMP15%溜まるため、それほど溜まりにくいわけではありません。

葉月のドッペルで150万ほど、しずくのどっぺるで250万ほど削れました。
葉月から雫へのコネクト⇒葉月のドッペル⇒雫のドッペルのほうが、最初のコネクト時点で呪い付与が出来るため、火力は出たと思います。

鏡の魔女の頭

  • スキル
    • 3の倍数ターンに「自身に攻撃力UP(3T)」
    • 4の倍数ターンに「自身にMP自動回復(1T/9999回復・解除不可)」
    • 5の倍数ターンに「自身に確率で防御無視&ダメージカット無視(3T)」
  • アビリティ
    • クエスト開始時に自身に自動MP回復(1T/9999回復)
  • マギア効果
    • 敵全体に大ダメージ
    • 自身に「デバフ反射(3T・3回まで)」
    • 敵全体に「攻撃力DOWN&防御力DOWN(3T)」


敵情報には未記載の「デバフ反射」という新たなスキルを使用してきます。
デバフを発動した魔法少女にそのデバフを反射します。
敵全体を対象とするスキルであっても、跳ね返ってくるのはデバフ発動者のみです。

さて、殲滅戦最終戦、鏡の魔女の頭。
HPは800万あるうえ無属性で、弱点を突くことが出来ないというかなり難しい相手です。
さらに開幕のマギアに加えて5ターン目には確率で防御やダメージカットを無視しつつマギアを放ってくるという強敵になります。
だいたい2万ダメージほど食らいます。

ヴァリアブル持ちの魔法少女がいればかなり楽に戦えると思うのですが……
(∞いろはちゃんは超相性が良いですね)


実際のところは、他の腕と同じく霧、暗闇、幻惑が有効なため、それらで被ダメージを抑えることが可能です。
また、デバフ反射も一見厳しそうですが、その回数も3回までなため、適当な弱めのデバフを当ててあげることでも対処可能です。

このように相手からの被ダメを抑える術はあるので、長期戦に持ち込んで倒すことが可能です。

長期戦にこそなったものの、上記の編成で危なげなく突破出来ました。
(実際に攻略した際は一部メモリアを入れ替え、いろはちゃんの生存率が最も高くなるように回避メモリアを集中させています)
実践動画も少し下の方で載せています。

相手は一切状態異常を使用してこないため、先ほどの攻撃をミスらせる状態異常のほか回避も有効です。
回避メモリアや霧付与メモリア、そしてデバフメモリアを過剰に持たせたヒールタイプの魔法少女たちで固め、致命的なダメージを絶対に回避します。

ダメージを負ったら出来るだけすぐ回復です。
このみのコネクトは霧と幻惑を必ず付与できるため、ピンチになったら積極的に使用しましょう。
相手のデバフ反射は、スキルターンが5の星1・星2デバフメモリアを使って剥がします。

また、まなかのドッペルが恐らく一番火力が出るうえ、発動後味方全体にバフがかかるため、あまりピンチでない状況でも使っていくと時間短縮になります。
このとき、相手がマギアを使った直後だと、こちらに攻撃力DOWNのデバフがかかっているので注意。

実践動画

40分程度かかってるので、1時間くらいの時間的余裕は必要ですね……。
ゆまをアタッカーにして時間短縮を狙っても良かった気がします。

どうしてもクリアできない人向け(対策される可能性大)(タップして閲覧)

えー魅了、スタン、拘束、マギア不可、スキル不可の状態異常が無効になっているように記載されていますが、効きます

少なくともスタン、拘束、スキル不可が効くのは確認しました。

スキル不可を付与し続けたり、あるいは魅了・スタン・拘束を延々と付与することで、危険な行動させずにクリアも可能なはずです。

不具合っぽいので運営に連絡したため、そのうち修正されるかもしれません。
でも下手に行動不能になるとデバフ付与タイミングが狂うから、状態異常が有効かどうかはどっちでも良いので直してほしい……

あとがき 鏡に恐れず立ち向かえ

最後の鏡の魔女の頭から防ぎようのないマギアを食らうことがわかった時は突破できるか不安でしたが、ヒールタイプみんなで力を合わせて突破出来ました。
最後のトドメがいろはちゃんになったのがなんとなく嬉しいです。

メモリアの準備がちょっと大変ですが、ノーマルガチャでも集められるはずなので、突破出来そうに無い方は是非参考にしてみてください!

織莉子さんいつも助かってます……


↑クリックしていただけるとランキング上がって嬉しいです。

必要なメモリアと代替案

ここから追記分です。
思っていたよりも閲覧数が伸びているため、使用した星3メモリアの理由を改めて記述するのと、代替案となる星4メモリアを紹介していきます。

編成を考えているときは、いつもメモリアノート様を参照させていただいてます。
非常に便利なので、是非使ってみてください。

メモリアノート

そういえば断りを入れていませんでしたが、星3以下かつ恒常のみ使用しています(つまりイベント報酬の使用は無し)。
余談ですが過去のイベントメモリアの復刻がマギアデイ2022で示唆されたので、期待して待ちましょう。

全体を通して

大量の完全強化済みの星3メモリアを使用していますが、強化が中途半端でも突破は出来ると思います(当然安定感は落ちますが)。
鏡の魔女の腕1はちょっとギリギリなので、出来る限り強化したメモリアを持ち込みたいところです。
完凸の星3メモリアよりも無凸の星4メモリアのほうが使いやすいものもあるので、手持ちと相談してみましょう。

星3凸用のアイテム「オーバーリミッター」を無理に使っていく必要は無いと思います。
まあ、使用先がたくさんあるわけではないので、余っていたら使ってもそれほど問題ありません。


今回の攻略では、以下の星3メモリアを頻繁に使用しています。

画像 効果 名前
攻撃力UP[III]&防御力UP[III] 休憩時間は何味?<アリナ>
攻撃力UP[IV]&防御力DOWN[V] 乙女のひそかな嗜み
攻撃力UP[II]&確率で回避[III] 日曜朝の習慣
攻撃力UP[VIII]&防御力UP[VII] (自/1T) きっと喜んでくれるよね
ダメージアップ状態[VIII]&ダメージカット状態[VII] (自/1T) Splash party!
必ず暗闇&攻撃力DOWN[VII] (敵単/1T) 雨上がりの帰り道<れいら>

上3枚はアビリティメモリア、下3枚はスキルメモリアです。
「休憩時間は何味?<アリナ>」はシンプルな攻防UPと非常に汎用性が高いです。
人数分揃えておいても損が無いレベル。
「乙女のひそかな嗜み」は逆に防御力が下がる代わりに、攻撃力上昇量は星3アビリティメモリアでトップです。
火力だけが欲しい場合はこちらが使えます。
「日曜朝の習慣」はちょっと使い所を選びますが、回避が鏡の魔女の頭戦で非常に有効です。

スキルのうち「きっと喜んでくれるよね」と「Splash party!」は、高倍率の攻防UPを誇ります。
星4メモリアまで含めても高水準な値です。
アタッカーに持たせるため、これらもたくさんあったほうが良いですね。

最後の「雨上がりの帰り道<れいら>」は攻撃力DOWNもさることながら、暗闇という状態異常も優秀です。
暗闇耐性を持つ敵は多い方ではないため、全体の被ダメージを下げることに大きく貢献してくれます。
スキルターンも完凸で6と短めです。

さらに、下記の状態異常は、弱点属性からのダメージを引き上げる効果を持っています。

  • やけど
  • 呪い
  • 暗闇
  • 幻惑
  • スタン
  • 拘束

暗闇もダメージを引き上げる効果を持っていることから、「雨上がりの帰り道<れいら>」は攻防一体の優秀なスキルメモリアであると言えます。
これも出来る限り集めておきましょう!
筆者は今4枚目の凸に取り掛かっています。


なお、各魔法少女の専用メモリアは、魔法少女ストーリーを最後まで進めることで1枚入手が可能です。

鏡の魔女の腕1

アビリティメモリアは全て火力UPのためのものです。
被ダメージ量的にも防御を意識する必要は特に無く、むしろ火力に振って、ななかの一撃で倒せるようにするべきです。

また、クリティカルによるダメージ上昇は「攻撃力UP」の効果によって引き上げられるため、ななかには攻撃力UPを優先して付けると良いでしょう。

とにかくななかに高火力のメモリアを装備させること、この1点です。


攻撃力UPのメモリアは選択肢が多いので、星4メモリアにも候補がたくさんあると思います。
イベント報酬の星3メモリアでも攻撃力UP[III]に追加効果が付いたものがちらほらありますしね。

オススメの代替案は星4の「友達できた!」です。

リリース初期のころに実装されたメモリアなので、最近始めた場合を除いて1枚は持っている可能性が高いです。
鏡の魔女の腕1の攻略はクリティカルによるダメージUPを狙っているため、攻撃力とクリティカル率を上げてくれるこのメモリアは非常に相性が良いです。

後の候補はシンプルに攻撃力UPの倍率が高い「紫苑の花を添えて」や「日常にあふれる誇り」ですね。

鏡の魔女の腕2

かえでのドッペル1発で倒せるため、火力は足りています。
精神強化はしておきたいところ(全アビリティ習得するくらい)。

ここで欲しいのは腕1とは逆に耐久力です。
様々な状態異常を付与してくるため、火力を必要以上に落とさず、状態異常対策を講じたいところ。

腕2以降はクリティカルは狙わないため、攻撃力UPに拘る必要は全くありません。
ダメージUPや与えるダメージUPなどで問題ありません。


相手がいくつも使用するスキルの中で特にキツイのは、こちらにダメージを与えてくる強化毒、呪い、やけどです。
が、残念ながら呪いは星4「マイバイブル」で無効化しつつ攻撃力UPが可能なものの、強化毒とやけどは無効化しつつ火力を上げる手段に乏しいです。

そこで、代替手段としては、状態異常耐性UPをしつつ攻撃力UPが可能な「彼方への憧れ」や「朝焼けに発つ」などが有効でしょう。

前者は完凸でなくとも攻撃力UPが[III]ある点が、後者は防御力UPが付いている点が魅力です。
出来ればセットで装備したいですね。

また、結構前のイベントメモリアですが、「シークレットオブサクセス」なんかもありますよ。

鏡の魔女の腕3

織莉子のマギアにMP獲得と回避があることを活かし、常に回避状態で戦う戦法です。
下記の記事で「マギア&回避ループ」として解説しています。
【マギレコ】バトルミュージアム ステージ1~25 星3以下のみで攻略 - マギアレコードのあるきかた

時間はかかるものの、ハマる相手は運要素なく完封できる戦術です。
実質的に必要な準備も「MP獲得量UP[IV]」が付いたメモリア1枚のみです。

具体的にはこの「待っていたわけじゃないから」が該当します。

アビリティ枠は2枠あるため1枚でループの完成を済ませる必要は無く、Accele MPUPと組み合わせれば、MP獲得量UPが[IV]未満でも達成できると思います。


MP獲得量UPの代替手段は残念ながら多くありません。
ほとんどイベントや限定ガチャ産です。

回避ループにさえ突入できればあとは何でも良いため、残りの枠には火力UPメモリアを詰め込めるだけ詰め込みましょう。

鏡の魔女の腕4

雫と葉月のドッペルで、腕4を倒しきるという戦法でした。
メモリアというよりは魔法少女を変えるのが良く、属性強化ドッペル持ちがいれば、そちらを使ったほうが良いと思います。
ただ、光属性の属性強化持ちって限定魔法少女ばっかなんですよね……
参考:【マギレコ】属性強化マギア持ち一覧【2022年8月21日更新】 - マギアレコードのあるきかた
まどいろやファイナルタルトなどが居れば、ここで使っても良いかと(∞いろはがいるなら∞いろはは魔女の頭に回すべきかな)。
属性強化ドッペル持ちで光属性な魔法少女が1凸がいれば、スキルメモリア2枚でワンパンできる範囲でしょう。
その場合は葉月の代わりに さななどで耐久力向上を目指したほうが安定するかもしれません。


編成例通りにドッペル発動役が2人いるならば、火力は十分足りるはずです。
ということでここも腕2と同じく耐久力の向上を図るか、もしくはMP獲得量UPでMPが溜まる速度を上げる形で短期決戦を狙うかですね。
MP獲得量UPに関しては腕3に記載した通り、「待っていたわけじゃないから」があります。
こちらでもそれを使っても良いかもしれません。

葉月と梨花が持っている雫が描かれたメモリア「彼の地は遙か遠く…」は攻撃時に確率で霧(3T)を付与するものです。

継続ターン数が長いのが特徴で、発動率もそこそこあります。
霧自体のMISSも確率で発動なので頼り切ることはできませんが、被ダメージを大きく抑えることが可能です。

梨花の4枚目に持たせているのは、スキルメモリア「ここだけの優しい気持ち」です。

無凸状態でも「味方を必ずかばう」効果があり、相手からのダメージが弱点となる他の2人のダメージを減らすことが出来ます。


代替手段に乏しく、変えても劇的に戦いやすくなるわけではないため、やはりここはメモリアを替えることよりも、魔法少女を入れ替えることの方が有効な気がします。
星4魔法少女の紅晴結菜あたりが無料10連ガチャで入手出来ていないか確認してみるのも良いでしょう。

鏡の魔女の頭

まずスキルメモリアに関しては、デバフメモリアを持っているだけ詰め込んだだけです。
星4メモリアの代替案として、「頼れるネゴシエーター」や「雨上がりの帰り道<みと>」、「ほんとうの私を隠して」などが有効です。

詰め込めるだけ詰め込んでください。
特に前2つはスキルターンが短いのでおススメです。
<みと>に関してはデバフ反射されると防御力を下げられるのが今回に限っては欠点になりますが。
「ほんとうの私を隠して」があるならば、潜在スキルの「味方全員を回復」の回転率を上げるため、ゆまに装備させたいですね。


難易度が高いのが恐らくアビリティメモリア側です。
星3星2メモリアを完凸レベルマックスでここまで用意するのは、よっぽど酔狂な攻略をしている人くらいじゃないかと思います。

使用しているのは主に、回避できるメモリアと霧付与が出来るものです。
鏡の魔女の頭は回避や状態異常への耐性がない反面、防御無視やダメージカット無視を行ってくるため、防御力が上がるメモリアの代わりに回避などをオススメしています。
(魅了や拘束などが効く不具合?が修正されるまでは矢宵かのこと由貴真里愛の魅了&拘束ループで楽々攻略できそうですが)


が、これらを編成例として扱っているのはそうしたほうが安定しそうだからというだけで、これらじゃないとクリアが出来ないわけではないのです。

さて、回避や状態異常のメモリアを無数に用意できない場合の代替案として、事故率を下げる2つの方向が考えられます。
1つは、かかる時間を短くして事故が起こり得る場面を減らすこと、もう1つは、安定感を上げることです。

前者はわかりやすいですね、アビリティメモリアには火力UP系のメモリアを増やして時間短縮を狙うものです。
5人の中では攻撃力が高めで、潜在スキルでも火力UPが可能な まなかの火力をまず伸ばしていくのが効果的でしょう。

後者に関しては別のアプローチとして、MP獲得量UPやAccele MPUPを用いてマギアの回転率を上げることです。
回避や霧はダメージを抑えるためのもの、逆に受けたダメージの回復手段を増やすという手段です。
マギア及びドッペルの回転率が上がれば与ダメージも上がるという副次効果もあります。

また、いろはは貴重な蘇生マギア持ちです。
回避メモリアがあるならば優先して装備させ、いざというときに備えましょう。
いろはによる蘇生後はHPが低めなため、続いて誰かのマギアも撃って回復することを忘れずに。


と、これらの手段によって安定感を上げていくと良いでしょう。

間違いなくこの鏡の魔女の頭が12章の山場です!
ラストスパート頑張ってください!

このブログに記載されているマギアレコードのゲーム内画像は©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partnersに帰属します。