マギアレコードのあるきかた

魔法少女まどか☆マギカ外伝 マギアレコード、通称マギレコの非公式攻略ブログです。公式Twitterの呟きを集めたり、高難易度ステージの情報を記載したりしています。コメント大歓迎!

ブログの設定を調整中なので、表示が崩れる事があるかもしれません。

【マギレコ】百禍チャレンジクエスト攻略【けふをこえるゆめ】

こちらの攻撃時に相手が獲得するMPは原則4です。
それを肝に銘じて攻略していきましょう。

けふをこえるゆめ

百禍チャレンジクエスト1

各WAVEごとの対策

WAVE1
闇属性のかなえ単騎。
HPは高めですが攻撃力は低いため、光属性以外ならば容易に耐えられるはず。
もちろん光属性でも1撃で5000食らわない程度なため、少し回復を織り交ぜてやれば倒されることはありません。

スキルも特に使わなそうなので、きちんと育てた編成ならまず負けません。

WAVE2
火属性の梨花と光属性の春香の魅了コンビ。
HPは二人合わせてWAVE1を超える程度です。

梨花は火力が少し高く、MPも高速で溜まるので非常に危険です。
耐久は大したことないので、WAVEでコネクトを可能にしておき、速攻で倒せるようにすると吉。

梨花が単体、春香が全体を魅了してきますが、特別対策は必要ないです。

WAVE3
光属性の十七夜と闇属性の郁美のメイドさんコンビだぞっ!
素の耐久はWAVE2より少し増えた程度ですが、十七夜は3Tダメージカット、郁美は3Tマギアダメージカットがあります。

火力も大したことありませんが、十七夜のアビリティで回避だけ厄介です。
確率で回避ですが、発動率はかなり高いため、単発マギア・闇属性マギア・回避無効メモリア・状態異常のいずれかは持ち込みましょう。

WAVE4
火属性の鶴乃と木属性のさくやの附属学校コンビ。

2人とも低確率ながらもクリティカルがあり、運が悪いと大ダメージを受けてしまいます。
さらに2T毎に鶴乃が全体に防御力DOWNを付与してくるため、クリティカルと噛み合わさると非常に危険です。
さくやは低確率で回避もしてくるため、できればここは全体マギアでさっさと突破したいところ。
ただ、単体マギアに比べて全体マギアだと1人1人への火力は落ちるため、単体を2回打つのも有りかと思います。

WAVE5
光属性の葉月、闇属性のうい、無属性のリヴィアの呪いチーム。
リヴィアのHPが35万と高く、3Tマギアと光属性のダメージカットまでしてきます。
あとういも光と闇を3Tカット。

葉月が毎ターン呪いやら、ういが2T毎に全体MPダメージやら、リヴィアが毎ターン全体呪いやらろくなことが無いため、とっととドッペルで通り抜けたいところ。
火力自体は前のWAVEと大きく異なるわけではないため、最初の3Tを耐え抜くのは何とかなると思います。

火力に自信があれば、1ターン目からドッペルを複数回打つのもありです。
恐らく多少のバフがあれば、光と闇以外のドッペル×2で倒しきれるでしょう。

全体的な対策

相手の火力が低いので、多少無茶しても何とでもなります。
欲しいのはWAVE3用の単体マギア、WAVE4用の全体マギア、WAVE5用の全体ドッペルでしょうか。

WAVE5での最初の3Tの耐久を前提として、火力に2,3枠、防御に2,3枠の魔法少女を費やせます。
もちろん攻撃と防御を兼ねられる魔法少女を入れるのが理想です。
このブログ一押しの夏目かこちゃんならば回復役兼WAVE3用の単体マギアが発動可能です。

状態異常は魅了と呪い程度なので、対策は必須ではありません。
ただ、耐久が不安な魔法少女に「マイバイブル」などで呪い無効を付与できると安心ですね。

百禍チャレンジクエスト2

各WAVEごとの対策

WAVE1
光属性の理子と月咲の工匠コンビ。

火力は低いながらも2人とも毎ターン単体MP回復(15)をMPが一番溜まっているほうに付与するため、3,4ターン目にはマギアを放ってきます。
まあ、火力が低いので闇属性以外は余裕で耐えられると思いますが。

これまでの百禍とは異なり、WAVE1でのMP溜めは危険です。
耐久力、というよりは回復力に自信がなければWAVE1は早く突破してしまいましょう。
まずは毎ターンのMP回復量を減らすために、どちらかを集中して倒すのが得策です。
耐久が少し低い月咲を優先すると良いかもしれません。

ちなみに、単体MP回復でMP100になったターンにはマギアは使ってきません。
ただし、片方のMP回復で対象のMPが100になった場合、次はMPが100になってないほうのMPを回復します。

WAVE2
木属性の みと単体。 HPは50万とまあまあです。
今度は毎ターンMP自動回復(10)があり、刻一刻とマギア発動までのカウントが進みます。
2T毎に回避まで使ってきます。

マギアは単体なものの、その分威力が高く、対策なしで60万程度食らいます。
何もしないと火属性以外ワンキルされます。
一応3T程度の猶予はあるため、それまでに単体マギアや火属性マギアで倒せれば何とかなります。

WAVE3
このはと海香の水属性コンビ。
海香がMP自動回復(10)持ちです。
またか。

このはが2T毎に7万程度回復したり、そもそも毎ターン2枚程度自動回復したりと地道に削っていくのは困難を極めます。
やはりここもマギアをぶつけるしかない!

なお、2人ともマギアは全体でそこまで攻撃が得意なわけでもないので、マギア自体はデバフやバフを組み合わせれば全く問題なく耐えられます(ダメカ込みで1万弱程度)。
バフ付きマギアを連打できるような編成ならば、ここでの耐久戦も無理難題ではありません。
ただし、このはの回復が強力なため、どちらにせよ強力な一発は必要です。

木属性の単体か属性強化ドッペルで突破するのが現実的かもしれません。

WAVE4
無属性みたまと闇属性みかげの八雲家コンビ。
みかげはHPこそ25万と低いものの、3Tダメージカットがあります。
大体4割くらいカット!

みかげがダメージアップと攻撃力UPを使い、みたまは呪いをバラまくため、光属性のHPはすぐに削れてしまいます。
さらにMPを回復させるスキルこそないものの、2人ともAcceleが3枚ある影響ですぐにMPが溜まっていきます。

まずは3T耐え抜き、さっさとみかげを倒しましょう。
もしくは光属性の単体ドッペルならばダメージカットの上から消し飛ばせると思います。

WAVE5
火属性の鈴音単騎。
HPは50万。
マギアダメージカット3Tがあります。

MP自動回復あり(20)。
さらにMP獲得量UP付き(1撃につき10回復)!
みんなマギア好きすぎでしょ。

MPが爆速で溜まっていくだけでなく、火傷付与攻撃もあるため、3T経過したら速攻で突破しましょう。
というかそうしないとマギアを2回打たれます。
全体マギアなので耐久は容易です。

WAVE6
闇属性のキリカ単騎。
HPは65万。
特別耐性は無い代わりに素の防御力が高め。

攻撃力がまあまあ高いうえ、単体に防御力DOWNを付与してきます。
光属性がまともに食らえば大惨事です。

MPの溜まりが遅く、防御DOWNがあるとは言え所詮単体なので、ここでこちらのMP溜めが可能です。
光属性のために回復は忘れないように。

WAVE7
* つむぎ(木) * HP40万 * ダメージカット3T * 状態異常耐性UP * あやめ(火) * HP25万 * れいら(火) * HP30万 * ダメージカット3T * せいら(火) * HP35万 * マギアダメージカット3T

ここまで来たらもう溜めたMPで3T経過後ぶっ放すのみ。
ただし、あやめが水属性ダメージカット3Tを使用するため、水属性マギアの入りは良くないです。
そもそも一番耐久力があるつむぎが木属性なため、水以外で攻めましょう。
HP自体は低めなため、最初の3Tの攻撃対象をつむぎにしておけば、バフが乗った全体ドッペルで一撃で倒しきれると思います。
不安なら全体マギアを添えて。

全体的な対策

全体的にMP溜めが得意で、火力はそうでもないです。
そのため厄介なマギアを撃たれる前にマギアを撃つことが要求されます。
1度の攻撃で回復されるMPは原則4ということを覚えておきましょう。

WAVE3のこのはとWAVE6のキリカで休憩ができます。
そのため前半、中盤、終盤の3区分で分けて考えると戦いやすいかもしれません。

まず前半で厄介なのはWAVE2のみと。
MPの回復速度が速く、単体マギアなため撃たれるとだれか一人は倒されてしまいます。
HPは50万とワンパンできないものでも無いため、マギアを撃たれる前にこちらも単体ドッペルで応戦しましょう。
WAVE2開始直後に撃てるようにしておく必要は無く、WAVE2が始まってからも2,3ターンの猶予はあります。

中盤で怖いのはみたまのマギアです。
全体的に火力が低めですが、逆にみたまのマギアはダメージ判定が無い分本来の性能で撃ってきます。
また、みたま自身は無属性なためこちらからの有効打にも欠けます。
まずはみたまを攻撃しつつ3T耐え、4ターン目にみかげを倒しつつ、みたまにマギアを撃たれそうになったら止めを刺しましょう。

最後はもう3T経過後にドッペル打っておしまいです。


というわけで単体ドッペルが撃てる魔法少女を多めに連れていくと良いでしょう。
全体は使うとしてもラストと八雲姉妹のところくらいですからね。
全体ドッペル持ちは水属性は厳禁です、一番HPが高いつむぎが倒しにくくなります。

百禍チャレンジクエスト3

各WAVEごとの対策

WAVE1
火属性のかりん単体。
HPはいきなり60万。

火力がかなり高いうえ、Accele3枚持ちなのでMP回復速度も速いです。
4T目には単体マギアを使ってきます。
デバフを付与しても3万ダメージは食らうでしょう。
それまでに何としても先行してマギアを撃ちこみたいですが、毎ターンMPダメージ(30)を使用してくるためそう上手く行きません。

MP獲得量DOWNを付与したり、少なくともスタンは有効だったので状態異常で抑え込み、マギアは撃たれても1発に抑えましょう。

WAVE2
木属性の さなと ちはるのディフェンスコンビ。
さなが光と闇を3Tカットしてきます。

火力はそこまででも無いものの、さなが単体拘束、ちはるが攻撃時に拘束付与を行うため、高頻度で行動不能になります。
しかしちはるさえ倒してしまえば行動不能の発生もかなり抑えられ、またMP溜めもできるようになるため、多少無理してでもまずはちはるを倒してしまいましょう。
あとはじっくりさなを削り、MPを溜めていけばオーケーです。

さなはコネクトを駆使してマギアは使わず倒すのが良いと思います。

WAVE3
闇属性のかずみ単体。
MP自動回復(20)つき。

特に耐性が無いので、ドッペルでさっさと倒してしまいましょう。
というか火力が高いわ防御無視するわ爆速でMP溜めるわで危険です。
1ターン目で光属性単体ドッペルをぶち込め!

WAVE4
水属性のレナとレナちゃん(アイドルver.)のコンビ。

2人とも必ずクリティカル持ちで、火力がかなり高いです。
しかし耐久力がかなり低めなため、最初に全体マギアかドッペルを発動すれば、あとはコネクトを駆使していけば削り切れるでしょう。

WAVE5
闇属性のなぎさ バレンタインver.単体。
HPは50万。 これまた火力が高いですが、光属性以外は耐えられないほどではありません。

毎ターンスキルクイックが発動しますが、数ターン待ってみてもHP回復とMPダメージくらいしか使いませんでした。
MPの溜まりが速いので、マギアを撃たれそうになるまで耐えたら、こちらもドッペルですぐに倒しましょう。
耐えるとかは無いので安心して大丈夫です。

WAVE6
闇属性のクーほむ単体。
HPは40万。 毎ターン必ず回避を発動するため、今回もまたマギアで倒すことになります。

火力が妙に低く、耐久が容易です。
スタンの発生率が高いため、精神強化などで状態異常耐性が上がっていない場合は苦戦するかもしれません。

相手のMPの溜まりも遅いため、完全にボーナスステージです。

WAVE7
光属性のいろは・うい巫女ver.と保護者の水属性やちよのチーム。
開幕3Tはいろういはマギアと闇属性を、やちよはマギアと全てのダメージをそれぞれカットします。

ここまで来られたならば残り3Tも耐えられるはず。
しかし耐久力が高いため、全体ドッペル1発では削り切れないと思います。
最低でも2回分は持ち込みましょう。

全体的な対策

傾向は百禍2と大差ありません。
こちらのほうが火力が高めですがMPの溜まりは遅く、さらにWAVE2とWAVE6でのMP稼ぎもしやすいです。
人によってはこちらのほうが簡単かもしれません。

WAVE2とWAVE6でしっかりMPを稼ぐために、状態異常耐性を上げることを意識しましょう。

WAVE3、WAVE5対策に光属性の単体ドッペル持ちがいると楽に戦えます。
しかし初期レア度星3以下には居ないため、無理に光属性に拘らなくても良いと思います。
火属性はWAVE1くらいなのでここでもかこちゃんが活躍できますね!
単体マギアが強化されてからかこちゃんが猛威を振るってます。

とりあえず百禍2用の編成で挑んでみて、もし負けてしまったら敗因を分析してそこだけ変えるようにするのが勝利への近道でしょう。

まとめ マギアを撃たれる前にドッペルをぶちかませ

相手のMP溜めの速度が速いですが、その分火力が低めになってます。
厄介なマギアを見定めて、ピンポイントで先行してマギアなりドッペルなりを放つと良いでしょう。
前述の通り人によっては百禍3のほうが2よりも簡単な可能性があるため、順に攻略しなくても良いでしょう。

最後の保護者登場は想定外だった

このブログに記載されているマギアレコードのゲーム内画像は©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partnersに帰属します。