マギアレコードのあるきかた

魔法少女まどか☆マギカ外伝 マギアレコード、通称マギレコの非公式攻略ブログです。公式Twitterの呟きを集めたり、高難易度ステージの情報を記載したりしています。コメント大歓迎!

ブログの設定を調整中なので、表示が崩れる事があるかもしれません。

【マギレコ】刹那の一日目 第9回ミラーズランキング

f:id:papuwak:20201130222745p:plain

またやってきてしまったミラーズランキング。
ひとまず一日目は無敗という結果に終わりました。
1試合のみ3ターンかかり、残りは2ターン以下とかなり早期決着が出来ましたね。
まあ、対戦相手もポイントによって決まってくるので、前半は差が出ない分戦いやすい相手も多くなるのは当たり前なのですが……

今回は以下のような編成を組んでいます。
f:id:papuwak:20201130223215p:plainf:id:papuwak:20201130223004p:plain

隠すほどのものでも無いので解説もしちゃいましょう。
テーマは高ステータスでゴリ押しです。
ちなみに陣形はみんな大好き「ブレイブ・エシュロン」です。
基本的にミラーズでの対戦相手のCPUをメタっているので、防衛戦には弱そうですね。
(ほむらがちょっとだけ防衛戦も意識してますけど)

左から順に解説していくと、まずほむらの役割はデコイです。
恐らくミラーズでの対戦相手はHPとDEFの値を基に、最も耐久力が低い魔法少女を狙っているため、メモリアや陣形で上手く調整することで狙われる魔法少女も調整できます。
ほむらは他の2人よりも少しだけ低い耐久になっており、闇属性以外の攻撃を全て吸収します(闇属性相手にはアルまどから狙われます)。
ほむらの耐久性能とアルまどの耐久性能がかなり近いらしく、ほむらに防御力UP効果のあるメモリアを持たせると今度はアルまどが狙われてしまったので、今のメモリアに落ち着きました。
なおダメージカットはミラーズの対戦相手は認識しないらしく、狙われやすくしたいけどダメージ軽減もしたい場合はダメージカットを使用することをお勧めします。

精神強化スキルに「必ず回避」効果があるので、1ターン目は相手の攻撃を引きつけつつかわしまくるという動きが可能です。
もし当たっても確率でカウンターだ!
まあ、回避無効持ちも多いので過信はできませんけどね!
また、状態異常になっていると回避が発動しないため、それを防ぐ意味で「彼方への憧れ」をセットしています。

HPの低さから3ターン目まで生き残ることは難しいので、スキルメモリアはスキルクイックが発動した時用に、他2人を守るために使用します。


アルティメットまどかはほむらが倒れると次に狙われる対象になります。
ちなみに陣形の「ブレイブ・エシュロン」でアルまどの防御力を上げていることも、ほむらが最初に狙われるようになることへ貢献しています。

ファイナルタルトよりも倒れやすいので、強力なスキルメモリアはファイナルタルトに譲っています。
その代わりに「繋がる道を歩いてる」でダメージを大幅に上げつつ、自動回復効果により毎ターン5000程度の回復が可能になっています。
精神強化アビリティにもEXスキルにもHP自動が回復があるため、よくわからないくらい回復しますね。
3ターン目まで生き残ることはまあまああり、ファイナルタルトとアルまどどちらがコネクトすることになっても良いように、攻撃力を上げる「聖女降臨」を持たせています。


ファイナルタルトはステータス目的での採用です。
全ステータスが高い上に、精神強化アビリティで回避無効があったりEXスキルでさらにダメージを上げたりとべらぼうに強いです。
精神強化スキルがミラーズと相性が最悪なのが玉に瑕。
アルまどとのダブルアタッカーを務めます。

3ターン目にファイナルタルトのみが残るパターンも多々あると思うので、最終兵器「私たちだけのベストショット」(必ず回避無効&BlastダメージUP[II](味全/1T))を持たせています。
ファイナルタルトのみが残った場合でも、Blastコンボで全てを薙ぎ払います。


3ターン目までに、可能ならコネクトをして勝つのが目的です。
立ち回りとしては、最初のターンに精神強化スキルは全て使い切ります。
そしてファイナルタルト>アルまど>ほむらの順の優先度でディスクを選び、2,3ターン目にファイナルタルトとアルまどでのコネクトで勝利をつかみ取ります。

後半戦で通用するかは定かではありませんが、初日は良い成績を残せたので期待ですね。
残り4日間頑張りましょう!

ほむほむにサヴァイヴがかかるとみがわりメタルみたいな感じになるよ

このブログに記載されているマギアレコードのゲーム内画像は©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partnersに帰属します。