マギアレコードのあるきかた

魔法少女まどか☆マギカ外伝 マギアレコード、通称マギレコの非公式攻略ブログです。公式Twitterの呟きを集めたり、高難易度ステージの情報を記載したりしています。コメント大歓迎!

ブログの設定を調整中なので、表示が崩れる事があるかもしれません。

【マギレコ】百禍チャレンジクエスト攻略情報『Christmas String ~指を結んだあの日~』

今回は百禍2までは難易度控えめなので、ぜひ挑戦してみてください。

百禍チャレンジクエスト

チャレンジI

全体的な対策

難易度は低いためざっくりと。

WAVEは5まであります。
WAVE5がかなり厄介なので、まずはそこの対策が必須です。
出現するのは里見灯花、柊ねむ、アリナ・グレイの3人です。

火力は低いものの、ねむやアリナが状態異常をバラまいたり灯花がデバフしてきたりと真正面から戦うのは危険なため、できるだけ早く倒すのが最善です。
ねむとアリナは木属性で、灯花は火属性なので「綾野梨花」のマギアが効果大です。
多少攻撃力を上げてやれば、ねむとアリナは吹き飛ぶでしょう。
灯花だけならばそこまで厄介ではありません。
というわけで他に理由が無ければ梨花は連れていきましょう。

また、WAVE4は火力が高い光属性が2人いるため、ここも出来れば闇属性のドッペルで倒しきりたいところ。
入手難度が低い「木崎衣美里」がいると楽になるかもしれません。

WAVE1~3は火力も低く、耐久しつつMPを溜めるのは容易です。
ただしWAVE2に登場する「梢麻友」はマギア発動までの猶予が少なめなため、WAVE1でコネクトを溜め、木属性で一気に倒すと良いでしょう。

というわけでWAVE1とWAVE3でのんびりしてそれ以外は駆け抜ける感じですね。

チャレンジII

WAVEごとの所感

WAVE1
れんと雫の追撃ペア。
素の火力はまあまあといったところで、そのままでも数ターン耐えられると思います。
どちらかを倒せば追撃は止むため、まずはどちらかを一転狙いで。
れんのほうが回避&クリティカルなど厄介なスキルを使いますが、回避のせいで倒しにくいので順番はお好みで。

ここでほどほどにMPを溜めておきましょう。

WAVE2
メル単体。

火力はWAVE1よりも低いですが、様々な状態異常をバラまいてきます。
拘束や毒もあるため長引かせると危険です。
特に回復ができなくなるのがキツイ……

火力が低いのは確かなので、精神強化アビリティやアルまどで状態異常耐性が付与できているならば、長めにMP溜めをしても良いでしょう。
MP上限減少の影響でそこまで溜める必要もなくなってしまいましたが。

WAVE3
晴着みたまさん単体。

またしても毒付与攻撃をしてきます。
しかも3T有効。 あとスキル不可とかも。

毒は重複し深刻化していくため、毒耐性がなければ早めに駆け抜けましょう。
みたまさんは無属性なので、何属性でも良いですが単体ドッペルを撃ちこみたいですね。
耐性があっても長引かせるとマギアが飛んできて危険なので、ピンチじゃなくてもマギアなりドッペルなりを打ち込むべきです。

WAVE4
水着いろはといろはちゃんの星4いろはちゃんコンビ。

水着いろはが毎ターン防御力UPと自動回復(どちらも3T)を味方全体に付与するため、3ターン目にはかなり固くなってしまいます。
火力はこれまでより少し高い程度ですが、3ターンごとにいろはちゃんが攻撃力UPバフをしたりするので、3ターンごとに警戒しましょう。

水着いろはに好き勝手させているといつまで経っても終わらないため、最初に木属性のマギアやドッペルでかっ飛ばしましょう。

WAVE5
タルト単体。
前のWAVEよりもう少しだけ火力が上がります。
2ターンごとに3T継続する攻撃力と防御力のバフをかけるので、長引かせると危険です。
特に攻撃力バフが重なった状態だと百禍3の火力と遜色なくなるため、4ターン以内に倒しきることをお勧めします。

WAVE6
かのこ単体。
火力がさらに上がり、バフの乗ったタルトと同等程度の火力まで上がります。
毎ターン単体魅了をしてきます。

ここもマギアでかっ飛ばしたいところですが、コネクトを駆使すればマギアなしでも突破できる気はします。
次のWAVEのために温存したいですね。

WAVE7
シスターももこと潤のチャージコンビ。
火力がさらに向上するため、ここでの耐久は素のままでは危険です。
しかしももこが3Tマギアダメージカットをしており耐久はほぼ必須なため、ダメージカットなどのバフが付いたマギアを撃っておきたいところ。
潤のほうに耐性は無いので、木属性単体マギアで吹き飛ばせると安心です。

全体的な対策

木属性がピンポイントで活躍し、苦手な火属性もいないため木属性を中心にすると良いでしょう。
かこちゃんが状態異常対策が出来たり単体ドッペルが撃てたりといつも以上に高相性です。
流石にダメージカットはないため、大人しくさなちゃんに頼りましょう。

相手に光も多いため、闇属性も1,2人連れていきたいところ。

ダメージは前半は大人しいので、魔法陣形を「ガーディアン・フォース」にするだけで長期間耐えられると思います。
そのため回復役を増やすよりは、後半に向けて火力を高めていった方が良いでしょう。

チャレンジIII

WAVEごとの所感

WAVE1
水着巴マミ単騎。
素の火力はかなり低いかわりに、攻撃時に高確率で着火を付与してきます。
さらに3ターン目には確実にマギアを発動します。
マギアもダメージこそ低いものの、全体に3ターン続くやけどをバラまくことになります。

ここで耐久してMPを溜めないと中盤がきついです。
状態異常耐性が必須ですね。

WAVE2
こころ単騎。
今回単騎多いですね。

火力は百禍2中盤レベルとそこそこ高いです。
さらにカウンターまで使用するため、マギアを使って耐久するか、さっさと突破したいところ。
ダメージカットのせいで短期決戦は難しいので、ダメカでも貼ってじっくり行きましょう。

WAVE3
茉莉とちはるのディフェンスコンビ。

ちはるが攻撃時に拘束とスタンを付与してきます。
茉莉もスタンしてきます。
火力は前WAVEと同じか少し抑え目と言ったところ。

行動不能のせいで思ったような行動が取れなくなる前に、WAVE2である程度耐久しておいてここでドッペルを2つくらい使いましょう。

WAVE4
ヨヅル単騎。

火力が高く、またしても3T毒付与攻撃をしてきます。
3Tマギアダメージカットこそあるものの、HPが30万と耐久はかなり低いため、コネクトで攻めていきましょう。
火力を上げられるバフを重ねられれば、3Tもあれば倒せると思います。

WAVE5
静香とアオの2部コンビ。
火力がやべーので、バフで固めるかまずはアオをドッペルで葬りましょう。
アオの単体の攻撃力&防御力UPがとにかく危険ですからね。

WAVE6
杏子と水着杏子とらんかのブラストトリオ。

見るからに着火に塗れてて、特にらんかは「攻撃時に必ずやけど付与」なので、最も火力が高いと言えます。
HPは全員ヨヅルと同じく30万です。
ドッペルを当ててやればほとんど削れるので、一発撃ってあとはらんかを中心に削っていくと良いでしょう。
水属性ドッペルならそのままワンパンできると思います。

WAVE7
ういと灯花ねむ聖夜ver.の病院組。
ういはマギアダメージカット、灯花ねむは光属性ダメージカットが3Tあります。

ういがダメージカット無視をしてくるため、最優先で倒したいですね。
もしくはデバフは問題なく通るため、デバフメモリアをここまで温存しておくのも手です。
というか無いとキツイ。
デバフ3枚は欲しい。

3ターン経過しても元々の耐久力が高いため、光属性のドッペルを当てたいところ。
ただし2ターンごとにういがMPダメージをしてくるため、MPダメージを食らった直後はドッペルを放てないことも多いです。
幸い3ターン経過直後はタイミング的にMPダメージを食らっていないはずなので、4ターン目に勝負を仕掛けましょう。

全体的な対策

さて、欲しいマギアやドッペルを数えてみると……

  • WAVE1・・・不要
  • WAVE2・・・バフ系(スキルで代用可)
  • WAVE3・・・水以外のドッペル2つ
  • WAVE4・・・不要
  • WAVE5・・・単体ドッペル、出来れば木属性
  • WAVE6・・・全体ドッペル
  • WAVE7・・・光属性全体ドッペル

WAVE3をWAVE6,7で代用することを考えると、実際に欲しいのは「水以外の全体ドッペル」「光属性全体ドッペル」「木属性の単体ドッペル」の3つです。
後者2つはそれぞれ織莉子、かこが発動可能であり、水属性以外の全体ドッペルに関しても候補はたくさんいるため、人選には困りません。

最後以外はアビリティメモリアによるバフだけで火力は足りるので、光属性の全体ドッペル役以外はスキルメモリア枠を耐久に振って問題ありません。
WAVE6担当も火力を高めても良いかもしれません。

百禍3は状態異常が激しいため、アルティメットまどかがいればぜひ採用しておきましょう。
いない場合は精神強化で状態異常耐性ややけど無効がある魔法少女を優先するべきですね。

まとめ 百禍2までは難易度控えめ

百禍3は状態異常がキツイですが、百禍2までは前回の百禍よりもかなり抑えめの難易度になってますね。
特に百禍1は公式がチャレンジクエスト10レベルの難易度の書いてある通り、かなり抑え目でした。
今まで百禍に手を出してこなかった方も、今回は挑戦してみると良いでしょう。

一個突破出来るごとに石が25個もらえますしね。

ガーディアン・フォース様様です

このブログに記載されているマギアレコードのゲーム内画像は©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partnersに帰属します。