マギアレコードのあるきかた

魔法少女まどか☆マギカ外伝 マギアレコード、通称マギレコの非公式攻略ブログです。公式Twitterの呟きを集めたり、高難易度ステージの情報を記載したりしています。特にキモチ戦とEXチャレンジクエストに力を入れています。コメント大歓迎!

マスターデュエルにハマってしまったのでこのブログは現在更新頻度が非常に下がってます。(m´・ω・`)m ゴメン…

【アニレコ】Final Season感想 ネタバレ注意【アニメマギアレコード -浅き夢の暁-】

2年以上に及ぶ長い長い日々でした。
好きなゲームがアニメになるという体験は初めてでした。
こんなに満ち足りた気分になることもそうそう無いでしょう。

以下、ネタバレ注意です。


個人的にはバッドエンド、あるいはビターエンドだと思います。
ビターエンドのほうが近いかな。

いろはちゃんの一番の目的であった行方不明の妹たちは、見つかりはしたものの帰らぬ人となってしまいました。
エンブリオイブとアリナによる被害は食い止めたため、人類の文明への被害は最小限へ抑えられたかもしれません。
ラストに出ていた「スーパーセル 見滝原市上空で消滅か」という記事から、ほむらちゃんたちはワルプルギスの夜を倒せたことが伺えます。
しかし、ほむらちゃんが時間遡行をしていることから、まどかたちも帰らぬ人となった可能性が高いです。


ゲームではなんだかんだ小さなキュゥべえすら助かってたものの、アニレコで帰らぬ人となったのは不確定な見滝原組を除いて、黒江、ももこ、みふゆ、うい、灯花、ねむ、小さなキュゥべえ、ついでにアリナも。
あまりにも被害が多すぎる。

この後のいろはちゃんたちはどうなっていくのでしょうか。

妹たちを失ったいろはちゃんですが、みかづき荘のみんなの支えもあるので強く生きていくと思います。
ももこを失ったかえでやレナもお互いを支えに、といった形で大体のメンバーは支えがあるので問題ないと思うんですが、唯一危ういのがかりんちゃんですね……
多分アリナは遺体も残ってないと思うので、しばらくの間はアリナがいなくなった現実を受け入れずに探し回るのではないでしょうか。
というかどのタイミングでアートを送り付けたんだアリナ先輩……
しれっと着払いにしてかりんちゃんが負担してるよアリナ先輩……


筆者はハピエン厨なので、終わりとしてはゲームのほうが好みですが、アニレコで別エンドが見られたのはとても良かったと思います。
もっとバッドで終わる可能性もあると思ってた。

ありがとう、マギアレコード。
Blue-rayが届くのも待ってるよ。



さてさて、この辺からは気に入ったシーンや気になったシーンを徒然なるままに記してみましょうか。


まず最初の病院組が魔法少女について調べるシーンなんですけど、死因 原因不明ってのは魔女化してもぬけの殻になった魔法少女の体を指して言っているんでしょうね。
最初は「魔女にやられたならば遺体は結界に残って行方不明になるのでは?」と思ってましたが、魔女化してそれ以降被害が増えているというのが正しいでしょう。
その後のキュゥべえに対する詰問において、正直に答えているものの魔法少女が魔女になることに直接触れないのはやはりズルいですよ奴らは。
人間の感情が理解できないとか言っておきながら、魔女化の真実を先に伝えてしまうと魔法少女にはならないだろうと思って損得はしっかり勘定してるんですよ。

その後病院組はゲームと同じ契約を交わしますが、アニレコでねむちゃんが終始記憶を持っていそうな雰囲気だったのは、実際に記憶を持っていたからだったんですね。
小さなキュゥべえ=ういで、ういに触れていたからねむちゃんはういに関する記憶を失わなかった。
そう考えるといろはちゃんが小さなキュゥべえを触って記憶を取り戻したのもより説得力が増しますね。
灯花ちゃんが触れてたら思い出したんじゃないだろうか。
後で触ってるシーンがないか探してみよう。

そういえばキュゥべえへの詰問シーンでなんとなく思ったんですけど、魔法少女のおかげで宇宙の寿命ってどれくらい伸びてるんですかね。
宇宙の熱的死を避けるために集めているとのことで、少し伸ばすだけでも莫大なエネルギーが必要になると思うんですが、魔女化でそんなエネルギーが発生するなら町とか軽く吹っ飛ぶんじゃないか。
キュゥべえがそのエネルギーが炸裂する前に回収してるから大丈夫とかそんな感じなんですかね。
魔法少女だけから集めるんじゃなくて全人類から少しずつ感情エネルギーを集めるとかそういった仕組みにしておけば良かったのに。


神浜春のドッペル祭でみふゆとももこがドッペルを癒していくシーン。
ももこが調整屋のことをみたまって呼ぶのは反則だって……
「あれ?みたまって呼んだ?」って違和感を持ったんですけど、ももこの覚悟の表われだったんでしょうね。
でもいなくならないで欲しかった。
みふゆもももこもひび割れソウルジェムでとどまって欲しかった。
でも、そうはならなかった。

Final Season見終わった後にゲームでのラストバトルを見直してみたんですけど、せつなさが強くなりましたね……


んで、黒江さんは2nd Seasonの終わりには深くて暗い過去があると思ってたんですが、相対的にはそこまで暗くなかったです。
絶対的に見れば実質見殺しにしたようなもので重いのですが(でも筆者も黒江さんの立場だったらグリーフシードは渡せなかったと思う)。

誰でも救えると信じているいろはちゃんの希望と、誰かを見捨ててしまったと後悔している黒江さんの絶望とが残酷にすれ違って魔女になってしまった。
筆者も黒江さんは救われる、いろはちゃんなら救えると信じてました。
アルまどーッ!はやくきてくれーッ!

決してキュゥべえに手を上げてこなかったいろはちゃんが顔面を貫く様からいろはちゃんの動揺が読み取れます。
まさかキュゥべえを殺すとは思ってなかった。
2匹も。
ノータイムで。

どうして神経を逆撫でするのがそんなに上手いんだ奴らは。
アリナの結界がなくて侵入できる領域なのでウッキウキでいろはちゃんに話しかけに来たんでしょうね、あわよくば魔女化させてエネルギー貰っちゃおとか考えてましたよ絶対。


その後のやちよが銀河鉄道に乗ってかつてのみかづき荘のメンバーと共にいるシーン。
鶴乃以外は全員いますね。

メルが無言で、色合いも少し異なるのが、他の3人と違う結末を迎えたことを示す徹底ぶりを物語っています。
メルが魔女化、かなえはソウルジェムの破壊っていう死因の違いが強く意識されてるんですよね。
やちよやみふゆに語り掛けるのはかなえの役割です。
最後の独白にはメルも参加していたので、やはり意図的にメルは喋ってないんです。
ちょっと寂しいですけど、メルに対して思いを受け継ぐ力は働かなかったのかもしれません。
思いは継げなくともメルとの思い出はやちよさんの力になっているぞ!


狂気の天才芸術家、アリナ・グレイ。
2nd Seasonでは飽きてどこかに行ったかと思いきや、覚醒化したイブによる破壊を目の当たりにしてアリナも覚醒。
これぞ滅びの美学。
流石にイブと合体してあんなにイキイキするとは思わなんだ。
合体時の魔女文字を解読してみたんですけどなかなか酷かった……

合体後のイブの羽根がシャケの切り身に見えてしかたがなかったです。
シャケ・グレイ。

撃破対象がシャケ・グレイだったものの、原作再現のラストアタックは燃えましたね!
いろはちゃんはフードを外して、みんなの魔力を込めた矢でラスボスを貫く!


筆で書いたような白黒の世界で、狂気の芸術家さえも抱きしめるシェアトだった。


充実した2時間でした。
神浜の魔法少女たちの小ネタも良かったですね。
イブに唯一怯えるギャグ要員莉愛様、ちゃんとみかづき荘に滞在したことになってる雫ちゃん、アイドルらしく中央を陣取るさゆさゆ。

次はみかづき荘以外のメンバーが中心のドタバタコメディを見てみたいです。
GF(仮)のアニメみたいな感じで毎週中心人物が変わる感じで。


これでホントに終わりと考えるとやっぱり寂しいです。
またもう一度最初から記憶をなくして見直したい……

いつの日か彼女たちのレコードが再びアニメ化する奇跡を願って、今夜は眠りましょう。
おやすみなさい。

また会う日まで


↑クリックしていただけるとランキング上がって嬉しいです。

このブログに記載されているマギアレコードのゲーム内画像は©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partnersに帰属します。